太めのロールアップが流行り!トレンドのロールアップはどこまで上げれば良い?

丈の長いジーンズをロールアップし、ニュアンスを取り入れた着こなしは定番化していますよね。そんな中、ここ最近注目を集めているのが太めのロールアップ。これまでの常識と相反する新トレンドは、一歩間違えると野暮ったくなってしまうので要注意!
今回はトレンドの太ロールアップをおしゃれに見せるコツをご紹介。

 

細めくしゅくしゅロールアップから、太めストレートロールアップへ

これまでのロールアップといえば、ジーンズの裾を細めに何回か折り、くしゅくしゅっと丸める方法でした。しかし今年は70年代テイストが流行っていることもあり、ロールアップもレトロな雰囲気にシフト。裾を太く一回折り曲げるタイプの太ロールアップは、セレブの着こなしにも、各ファッション誌でも多く見受けられます。

また近年はジェンダーレスファッションや、ビッグシルエットアイテムの流行などラフなスタイリングが人気を集めていたため、太く一回折り曲げることでヌケ感をアピールするといったテクニックがトレンドとなっています。

 

太めロールアップにおすすめのデニムの選び方

太めロールアップにトライするなら、スキニーか、ストレートデニムが断然おすすめ。ワイドパンツもトレンドアイテムのひとつですが、ロールアップするのには適しません。またクラッシュデニムや派手なデザインデニムも、太めロールアップ以外に目立ってしまう要素が多いので、クリーンに着こなすなら避けた方が無難。

太めロールアップ幅の目安は10〜15cm程度です。ちょっとやりすぎくらいの太さが、今年はおしゃれに見えます。今季は「アビスカラー」と呼ばれる深海のようなブルーが流行っているので、デニムを選ぶならそのような色のデニムか、インディゴなどの定番カラーなら使い勝手も良いですよ。

 

太めロールアップの足元の演出はどうすれば良い?

太めロールアップはどことなく、メンズライクな印象が漂いますよね。だからこそ「女性らしく履きこなしたい!」という場合は、足元にヒールを選ぶのが鉄則。

またこの夏はレースアップサンダルにも注目を。足首を少し見せるくらいに太くロールアップしたジーンズと、レースアップのリボンが足元をいまっぽくエレガントに演出してくれるはずです。

歩きやすさを重視するのであれば、今年はスリッポンタイプのサンダルを狙ってみるのもgood。カジュアルな雰囲気を盛り上げるとともに、オープントゥではないのできちんと感もアピールできるため、大人の女性の着こなしにおすすめです。

スニーカーを選ぶなら、ハイカットをチョイス。少し足首の素肌が露出する程度にロールアップすると、バランス良く仕上がるはずですよ。