NYファッション散歩|ソーホー/トライベッカ

昔からファッション地区として発展してきたソーホー。ソーホーとは、South Houston(ハウストンストリートから南側)の略称です。ルイヴィトンやディオール、サンローランなどの高級ブランドをはじめ、ラルフローレンやケイトスペード、ノースフェイス、パタゴニアなどのアメリカンブランド、TOPSHOPやユニクロ、H&Mなどのファストファッション、A.P.CやAcne、Woolrich、Opening Ceremonyなどのモード&ストリート系ブランドまで、ありとあらゆるショップが集まっています。ソーホーはアッパー地区や5番街などの高級志向ではないので、ショッピングがしやすく、自分目線で素敵なものが見つかります。ニューヨークでいちばん楽しいウィンドウショッピングで、素敵な時間を過ごせる場所です。今回は、そんなソーホー地区とトライベッカ地区をファッション散歩。

ソーホーから少し南西に向かうと、トライベッカという地区に入ります。「The Roxy Hotel」を中心に、すぐ離隔にはオリジナルの斧で一躍有名になったクラフトブランド「Best Made Company」があります。ホテルから西側エリアには、J.Crewが展開する「LIQUOR SHOP」やデトロイトを代表するウォッチ&レザーブランド「SHINOLA」やニューヨーク発の「トムブラウン」などがあります。地元のパブやグリルでビールと食事を楽しみながら、ゆっくりと散歩ができる地区です。

soho_t_01

スプリングSt.とモットSt.の角にあるピザの美味しいお店「ロンバルディーズ」のベンチに腰掛ける男性。カラーデニムとデッキシューズの相性が抜群です。

 

soho_t_02

犬と散歩する男性。鮮やかなブルーのポロシャツにベーシックなデニムとスリッポン。なんとも大人のスタイルですね。

 

soho_t_03

ブロードウェイをフランクリンSt.まで下がったロウワーマンハッタンにある「Mmuseumm」。ここはニューヨークでもっとも小さいミュージアムです。全身を黒でまとめた当番の女性がミュージアムをオープンするなり、早めの夕食を始めたところです。

 

soho_t_04

愛用のメッセンジャーバッグを背中に歩く男性。細身のデニムとの相性もばっちりですね。こちらに歩いてくるハットを被った男性はストレートデニムに黒のジャケットがとてもお似合いです。足元もドレスシューズでカジュアルジェントルマンに仕上がっています。

 

soho_t_05

ブラックデニムとブルーデニムのカップル。ニューヨークにはほんとにブラックデニムを穿いた人が多いです。日本でこれほど見かけることは少ないのでは。

 

soho_t_06

トライベッカ地区のメインストリートであるグリニッジSt.。そのまま南へ進むとワールドトレードセンターに繋がります。こちらはカラーデニムの男性。ニューヨークではあまり見かけない色合いですが、足元がスエードのローファーを履くなど、しっかりポイントをおさえています。

 

soho_t_07

女性のダンガリーシャツがデザインされたワンピースも軽やかでおしゃれですが、男性のデニムハットにも注目です。パッチワークされたデザインが秀逸ですね。

 

soho_t_08

ホワイトデニムを無造作にロールアップして歩く男性。ハイカットのバンズとトップのTシャツ、そしてバッグのカラーリングが揃っていますね。一見シンプルに見えるスタイルでも、しっかりコーディネートされています。

 

soho_t_09

デニムはもともと労働するための作業着。当然今もアメリカでは建築関係をはじめ、輸送や倉庫などに関わる作業員の多くはジーンズを穿いています。

 

soho_t_10

鮮やかなブルーのカラーデニムショートで歩く女性。トップのVネックTシャツとビルケンシュトックの白サンダルが相性良く、クリーンにまとまっています。

 

soho_t_11

{TRIEBCA TAP HOUSE」のスタッフさん。穿きなれたブラックデニムに黒のバンズ。グレーのTシャツでモノトーンに決めています。ここで地元のクラフトビールが楽しめます。

 

soho_t_12

トライベッカ地区の玄関口といえる「The Roxy Hotel」。ここを拠点に遊びに出かける家族連れです。ショートデニムを穿く女の子が難とも可愛らしいですね。

 

soho_t_13

ミートパッキング篇でも紹介した、フェールラーベンのカンケンリュック。こちらはオレンジです。細身のブラックデニムがトップをより引き立たせています。

 

soho_t_14

「The Roxy Hotel」のカフェレストラン。この周辺にはオリジナルの斧で一躍有名になったクラフトブランドの先駆け「Best Made Company」や、ゴーストバスターズの建物として有名な「Hook&Ladder8」があります。

 

soho_t_15

右側の男性は「Abercrombie&Fitch」の白いポロシャツに、濃いめのブルーデニムを合わせています。非常にベーシックですが、足元のスニーカーがおしゃれで、全体の印象を持ち上げていますね。

 

soho_t_16

トライベッカ地区にある「Liquor Store」。J.Crewが昔あった酒屋さんをそのまま利用したコンセプトショップです。「New Balance」の別注品やカナダ発のスウェットブランド「Reigning Champ」なども扱っています。ここのオリジナルロゴTシャツは実に着心地がよく、お土産にもおすすめです。

 

soho_t_17

「Liquor Store」のスタッフさん。オリジナルのセルビッチジーンズにホワイトのオールレザースニーカーが決まっています。J.Crewのオーセンティックなスタイルが表現されていますね。

 

soho_t_18

デトロイトを拠点にオリジナルウォッチとレザーグッズを展開する「Shinola Tribeca Store」。この周辺には有名なレストラン「NOBU」や「Issey Miyake」、「Thom Brown」などが点在してます。

 

soho_t_19

こちらはShinolaのエントランスフロアに構える「The Smile Coffee」のスタッフさん。色落ちがいい感じのデニムです。レングスをカットせずに穿き続けているようですね。トップのブラックTシャツと白のコンバースがコントラストよく、本人のショートドレッドも引き立っています。

 

soho_t_20

ゴーストバスターズの建物「Hook&Ladder8」があるヴァリックSt.。クラッシュがかかったデニムパンツにサンダル姿で軽快に歩いています。女性ならではのデニムスタイルですね。

 

soho_t_21

右側の男性はダンガリーシャツにブラックデニムを合わせたスタイル。足元のスリッポンがおしゃれですね。奥の男性は、濃いめのダンガリーシャツに濃紺のデニムでしょうか。コールハーンのようなスエードプレーントゥがスタイルを引き締めています。

 

soho_t_22

6th Ave.が通るThe Roxy Hotelのまえ。トライベッカの方角に向かって歩くカップルです。男性の赤のカラーデニムが効いていますね。奥の男性は二人ともビジネスバッグを提げていますが、ベーシックなデニムスタイルです。アメリカって本当にデニムの用途が幅広いですね。