デニム売り上げNo.1。ライトオンボトムスバイヤーによる トレンドスタイルレッスン ーレディース編ー(後編)

大人カジュアルの定番として、王道の地位を確立しているデニム。2015年春夏は定番からトレンドアイテムに浮上し一
大ブームを巻き起こしました。
そんな2015年も残すところあと少し。今年の流行のおさらいから、秋冬の着こなしのポイントまでライトオンボトムバイヤー(レディース担当)の飯島さんお話を伺いました。(前編はこちら

 

ー今シーズンでバイヤーとしてオススメしたいデニムやパンツアイテムを教えてください。

飯島:何といっても弊社のオリジナルブランド「BACK NUMBER」から発売中の、モコモコジーンズです。裏起毛がついているので、はき心地は毛布でくるまったみたいにふわっふわ。よく伸びて履きやすいですし、表面の綿生地がニット状になっているんですよ。チェックや花柄と、デニムのようにインディゴ染めしたパターン。スキニーは全部で12パターン、テーパードは5パターンあります。

 

ー重い色のものばかりを着てしまいがちな冬にうれしいアイテムですね。着こなしのポイントも教えてください。

飯島:ボトムに柄がある場合、トップスにモノトーンを合わせただけだと無難すぎるので小物で差をつけたいですね。チェックにはつばが広い女優帽やフリンジアイテムがよく合いますよ。フリンジにトライしたことがない人でも、バックやピアス、ボリュームのあるローゲージのニットで胸元にフリンジがついたものと合わせてもいいですよ。

 

ーアウターはどんなものを羽織ればいいですか?

飯島:トップスには比較的何でも合わせやすい最強の1本なんですが、今年っぽくするならやはりチェスターコートコーディガンなど、ボリュームあるアイテムを合わせたいですね。

 

ー随所にトレンドを忍ばせる感じ。いいですね!飯島さんが個人的にはまってるアイテムはありますか?

飯島:ジーンズのバイヤーをはじめてから、デニムを作ることの面白さを再認識するようになって。個人的にクラッシュデニムやリペア加工を施したデニムにはまってます。

 

ーどうやってコーディネートしてますか?

飯島:こうした加工がされたデニムはベーシックなニットを合わせただけでおしゃれに見えるんですよね。クラッシュに抵抗がある人は足元にパンプスを合わせて、華奢なアクセサリーを合わせるなど、洋服以外の小物で“きちんと感”をプラスすれば大人の女性でも着こなしてもらえると思います。

 

ー今年トライしたいスタイルや色は?

飯島:もともと古着やヴィンテージが好きなので、キャメルやベージュを着たいなと思ってます。実は今日のシューズもスウェード素材のブラウン。70年代っぽいテイストなので、もちろんデニムとも相性がいい。ボーイフレンドやテーパードデニムといったヴィンテージ感あるデニムと合わせて着たいですね。

 

バイヤーだけあってトレンドをしっかり押さえつつも、きちんとマイ・スタイルのポリシーも持つ飯島さん。自分だけのおしゃれってこうやって作るんですね。飯島さん、ありがとうございました。

 


飯島様3

今回インタビューにおこたえいただいたライトオンボトムバイヤー飯島さん