デニム売り上げNo.1。ライトオンボトムスバイヤーによる トレンドスタイルレッスン ーレディース編ー(前編)

大人カジュアルの定番として、王道の地位を確立しているデニム。2015年春夏は定番からトレンドアイテムに浮上し一
大ブームを巻き起こしました。
そんな2015年も残すところあと少し。今年の流行のおさらいから、秋冬の着こなしのポイントまでライトオンボトムバイヤー(レディース担当)の飯島さんお話を伺いました。

 

ー今年も残りあと2ヶ月をきりました。春夏のコレクションではプラダやグッチなど、約10の大御所ブランドなどからデニムのルックが見られ、市場でもデニムがビッグトレンドになりましたね。

飯島:コレクションブランドでもそうですが、消費者に一番近いところでガウチョやワイド系のパンツが一気に広がりを見せたのが何といっても今年の一番のニュース。パンツ以外にもGジャンやシャツ、オーバーオールとアイテムが広がりました。去年まではボトムのシルエットはスキニーとテーパード一辺倒でしたが、これをきっかけにトレンドのラインががらっと変わりましたね。

 

ーその流れを受けて、ボトムでは秋冬もガウチョなどワイド系パンツの着こなしが見られますね。でも実際はどうやって着こなしたらいいのか、難しいです。

飯島:セオリーでいくと、ボリュームのあるパンツはジャケットだったりMA-1を合わせるとコンパクトにまとまりますが、オーバーサイズ×オーバーサイズが何といっても“いまの気分”。チェスターコートコーディガンといった縦のラインを強調するトレンドのアイテムと合わせて、あえてセオリーから外れてみる冒険がオススメです。

 

ーファッションは新しいスタイルへの挑戦、なんですね。では、シューズは何を選べばいいんですか?

飯島:ベーシックなパンプスやヒールものが売れているので、そういったものと合わせてもいいし。個人的にはピンヒールよりも全体的にボリュームのあるチャンキーヒールを合わせるスタイルが好きです。もちろん、シンプルにスニーカーでもいいですよ。

 

ー意外と何でもあうんですね!ところで、デニムのトレンドラインも変化が見られるのですか?

飯島:はい。実は私が個人的に注目しているのは、ブーツカット。日本の市場にはなかなか落ちてこないのですが海外のデニムブランドではすでに数年前からルックを出しはじめています。日本でも感度の高いセレクトショップなどではこの秋冬からディスプレイで見られるようになってきたので、最旬の中でも、かなり“はしり”のアイテムのひとつと言えますね。というわけで、次の春夏からはブーツカットやガウチョパンツに加えてフルレングスのパンツやブーツカットがトレンドの主流になっていくと予想しているんです。

 

着こなしポイントやおすすめアイテムなど、参考になるお話しはまだまだつきませんんが、続きは後篇で。


 

飯島様3
今回インタビューにお応えいただいたライトオンボトムバイヤーの飯島さん。