デニム売り上げNo.1。ライトオンボトムスバイヤーによるトレンドナビ。 2015年秋冬「これ、キテます」—メンズ編—(前編)

世界中で愛され続ける定番アイテム、デニム。
学生も、OLも、サラリーマンも、主婦も、ダンディなおじさまも、みーんな持っているカジュアルウェアの代名詞ともいうべきデニムが、何とトレンドのキーワードに浮上した2015年の春夏。ニューヨークもパリもロンドンも、それぞれのコレクションで男女ともにいくつものトップブランドがデニムのルックを発信し始めた。とまとめサイトにも載っているくらい、デニムブームは、もはやファッション界の常識。

「じゃあこの秋冬のデニムはどうなるの?」「何を着たら今っぽいの?」という素朴な疑問に「所有デニム40本、週の半分はデニムで過ごす」と語るライトオンボトムバイヤーの島田裕二郎さんが答えてくれました。

 

― そもそも、どうしてここまでデニムが流行っているのでしょう?

島田:まず、去年の秋冬からデニムをめぐるトレンドのおさらいしてみましょうか。
これまでイージーパンツはスウェットやチノパンが主軸でしたが、ワンウォッシュのデニムや、生地の両端に「耳(セルビッチ)」がついたビンテージ風のデニムの着こなしが注目されて、これまでデニムを扱っていなかったセレクトショップやアパレル各社がデニムを始めたのが去年の秋冬でした。

※セルビッチ=昔の旧式織機を使って織ったデニム生地で、生地の両端に耳がついており、ロールアップすると赤い糸が見える。一般的にデニム地一反の幅は150cm。旧式の織機を使うと生地幅が80cmで、1本のジーンズの製造に倍ほどの生地の長さが必要になるため、1本のジーンズの単価が高くなる。

 

― 一体なぜ各社がデニムを打ち出したのでしょう?

島田:さらに2014年の春夏までさかのぼりますが、アパレル各社やセレクトショップから白×ブルーというトレンドカラーの打ち出しがあったんです。そのブルーがネイビーに、さらにネイビーがインディゴブルーに変化しました。そして色から素材に注目が移り、デニムがフォーカスされたのだと思います。
この傾向が今年の春夏も続いていて、メンズもレディースも各ブランド、セレクトショップともにデニムやインディゴ染めのアイテムを打ち出していましたよね。

 

― 確かに。右を見ても、左を見てもデニムやインディゴをよく見かけましたよね。この秋冬はどんな展開になるのでしょう?

島田:トレンドカラーには、オリーブグリーンとカーキが加わります。なので今季はカーキ×ネイビー、あるいはカーキ×インディゴの組み合わせがポイントになりますね。男性だと、ショップコート、MA1、ミリタリーシャツの着合わせにデニムを合わせるスタイルでしょうか。
実はそれに加えて、もう一つ新しいキーワードがあるんですよ。

 

気になる「新しいキーワード」とは一体どんなものなのでしょうか。つづきは後編で。

 


 

300px×50px

今回インタビューにおこたえいただいた
ライトオンボトムバイヤー島田裕二郎さん