いまカジュアルブームがきている!

世代を超えて愛されるカジュアルファッション。そんな中でも80年代後半から90年代前半にかけて若者に大流行した日本独自のアメカジスタイル「渋カジ」って知っていますか?
最近新たな流行になっている「カジュアル」について見ていきましょう。

 

カジュアルスタイルってどんなファッション?

カジュアルファッションとは、ジーンズやTシャツなど肩肘張らなく良いファッションのこと。アメカジやキレカジなどの派生ファッションがあることでもお馴染みですね。
動きやすくてラクチンなスタイルがベースになるので、素材としても伸縮性、吸湿性、通気性など機能性が高いものを使ったアイテムが多く、ジャージやスニーカーなどを代表とする定番アイテムが誕生しました。
ラフなファッションだからこそカッコよく着こなすのが難しいので、意外とセンスが必要とされるファッションなんです。

 

一世を風靡した「渋カジ」って知ってる?

渋カジとは「渋谷カジュアル」の略称。80年代後半から90年代前半にかけて渋谷に集まる若者から発生したストリートファッションで、全国で大流行した日本独自のアメカジスタイルのことを言います。しかも、ファッション界では珍しく男女共通でムーブメントが起こったので、若者世代全体を巻き込んだムーブメントになりました。

渋カジの大きな特徴はメディア主導ではなく、ストリートから生まれ発信されたという点。SNSが無い時代にリーバイスの501やバイソンの革ジャンなど代表的なアイテムを着ている人を見かけては憧れ、マネをして広がっていくという感じは現代ではなかなかありませんよね。その渋カジが、最近になって見直されているんです!

 

再び流行の兆しアリ!ファッションは繰り返される。

ファッション業界で「昔流行ったものが一定の周期を経て流行る」と言われているのは、過去に流行ったデザインに今の時代に合った色や形を加えてアレンジしたものが世に出たり、デザイナー自身が幼い頃に影響を受けたものがベースになっていたりする場合があるので、どこか懐かしさを感じさせるブームが起こりやすくなります。

渋カジを楽しんだ世代が今、ものづくりの中心にいる世代でもあるため、このようなブームが再び巻き起こっているのかもしれませんね。

 

若者発信の文化「渋カジ」は、純粋にカッコいい!

渋カジは街中で見掛けたカッコいいスタイルの人をマネる事で、どんどん広がりを見せた日本のファッション界において非常に珍しいものでした。まだSNSが当たり前ではない時代に、全国に広まりムーブメントを引き起こしたパワーは非常に強力だったからこそ、今の時代でもその存在感や熱量が発揮されています。

再び流行しているからこそ、親子で楽しめるファッションにもなった「渋カジ」に大注目です!