縫製糸にもこだわる?ジーンズの縫製糸の種類

ジーンズ作りに欠かせないものの1つ「縫製」。
縫製の良し悪しで耐久性や強度も変わってくるのはもちろんなのですが、縫製糸によっても経年変化や強度が変わってくるってご存知ですか?

今回はジーンズの縫製に欠かせない縫製糸について解説。

 

糸は大きく2種類に分類

糸は繊維の集合体。
その繊維のタイプによって「フィラメント糸」と「スパン糸」に分かれています。
では、それぞれどういった糸なのか。

 

フィラメント糸

フィラメント糸は長繊維糸とも呼ばれます。
その名のとおり、長い繊維をそのまま糸にしたもの。
繊維1本1本が長いので毛羽立ちがなく、表面が滑らかで光沢があるのが特徴です。
ただ、1本1本が極細なのでそのままでは縫い糸として使わず、適度な太さにするために何本か束ねて撚ることがほとんどです。
絹糸やポリエステル100%のキングポリエステルなどがこのタイプ。

 

スパン糸

スパン糸は短繊維糸や紡績糸とも呼ばれます。
その名のとおり、重ね合わせながら同じ向きに並べた短い繊維を束ねながら平行に引き伸ばしてできた糸を、2~3本束ねて撚ることでできあがります。
綿糸や麻糸、ポリエステル100%のキングスパンなどがこのタイプ。

 

ジーンズの縫製に使われる縫製糸

ジーンズの縫製には、スパン糸の中でも「カタン糸」「合成繊維糸」「コアヤーン糸」と呼ばれるミシン糸が使われることが多く、その縫製糸の種類によって、できあがるジーンズの特徴も異なります。
まずは、それぞれの特徴はどんなものか。

 

カタン糸

  • 綿100%で作られた糸。「コットン」がなまってできた言葉なんだとか。
  • 耐熱性には優れている
  • ポリエステルやナイロン糸と比較すると伸度が小さいため強度が劣る。(糸を引っ張ると比較的簡単に千切れてしまいます。)
  • 綿製のデニム生地と同様に経年変化を楽しむことができる。
  • 染まりやすく、退色しやすい。
  • 水を通すと縮む。

合成繊維糸

  • 主にポリエステルやナイロンでできた糸。
  • 糸に伸びがあるので、比較的強度がある。(引っ張っても切れにくい)
  • 染色はできない。一方で退色もほとんどない。

コアヤーン糸

  • カタン糸と合成繊維糸の特徴を合わせ持った糸。
  • 合成繊維のフィラメント糸を糸の芯部分にし、その周りを綿でカバーしているような形状。
  • カタン糸より強度はあるが、風合いはカタン糸のようである。
  • 糸の外側を染めることはできるが、芯までは染められない。

 

昔のジーンズはカタン糸で縫製されてきましたが、ジーンズの生産量を増加させることが必要になるにつれ、ミシンが高速化。カタン糸ではその高速化に耐え切れず、糸が切れてしまうことが多いことから、高速化に耐えられる強度の糸ということで合成繊維糸が使われるようになりました。

とはいえ、合成繊維糸では経年変化を楽しめないもの事実。
デニム生地と一緒に縮んだり退色したりして、自分だけのジーンズに育てるならカタン糸で縫製されたジーンズを選ぶ必要があります。
ただ、カタン糸は強度の問題があり、縫製するには技術力が必要です。そのためコスト増=商品価格の高騰になってしまうという側面も…。

それらを解消するためにと作られたのが、コアヤーン糸。強度があるのでミシンの高速化にも耐えることができ、またある程度は経年変化も楽しめますよ。

ジーンズとどのように付き合いたいかによって、縫製糸にもこだわってみるのもいいかもしれませんね。