デニムに最適!3つの「優しい」をもつ新しい洗剤

デニムの1つの特徴であるエイジング。愛着のあるデニムでそのエイジングを楽しむためには、色落ちが気になるから洗濯はしたくない…という考えもありますよね。

でもちょっとまって!
皮脂などの酸性の汚れは生地の劣化にも繋がるので、愛着のあるデニムを長く穿き続けるためには、定期的な洗濯も必要なんです。

そこで紹介するのが、環境にも身体にも優しい新しい洗剤「DENIM-WASH」。
「優しく、ストレスフリー、スタイリッシュ」の3つの特性の共存を可能にした画期的な洗剤の魅力を余すとこなくお伝えします。

 

DENIM-WASHの優しい成分

使用している原料は食品として使用される、大豆や水などの天然素材。
大豆成分をはじめ、エッセンシャルオイルなどの優しい天然素材を使用しているため、デニムはもちろん、ベビー服などやわらかく繊細な素材のお洋服の洗濯にも適しているんです。抗菌作用もあり、食中毒菌や各種ウィルスなどの不活性化に効果的なのも嬉しいところですね。

また、天然素材を使用していることで、洗濯後の排水は成分が鹸化(油脂を分解)されるとともに自然界に存在するバクテリアによって99%分解されるので、海洋警察庁から「海に流しても良い製品」という国際認定を受けているんです。泡立ちは少ないですが、水の使用量を従来の1/3に抑えることができて、環境にも家計にも優しいんですよ。

 

DENIM-WASHの洗浄力のしくみ

大豆脂肪酸と水(精製水)などの天然素材を「ナノ粒子」という細かなレベルで活性化させていることで、洗浄成分が汚れだけに付着し、衣料の汚れを分解させるというしくみ。まさに「汚れの剥離」。
しかも、ハイテクノロジーを利用して地球上に在ったもの自体の使用価値を高めるという、画期的な試みなのです。

 

DENIM-WASHがデニムに適している理由

デニムのタテ糸とヨコ糸、またインディゴ染料の相互関係を考慮して、石油系界面活性剤・蛍光剤、漂白剤を使用していないので、インディゴを極力落とさずに洗濯でき、デニム本来の色とコンディションが保てます。
また経年変化で生地が繊細になっているヴィンテージ衣料も、「汚れの剥離」で生地に負担をかけずに洗濯ができるんです。

生地への負担を考えて水洗いだけにした場合、菌などが残ってしまって臭いが気になる…なんてこともありますが、DENIM-WASHを使用することで、生地に負担をかけずに菌を抑制することができますよ。

 

洗い方も簡単!デニムをDENIM-WASHで洗おう!


1、洗い
摩擦で繊維をいためないようにするために、浸け置き洗いを推奨。
※洗濯機を使用する際にはデニムを裏返しにし、手洗いコースを選択。摩擦が気になる場合はデニムをネットに入れてください。

デニムを裏返し、しっかりと浸かる水量で、10リットルの水に対し洗剤キャップ1杯分(10ml)目安に入れてください。汚れの目立つ部分には直接洗剤をなじませます。

2、すすぎ
水を2度ほど入れ替えデニムをすすぎます。泡がなくなるくらいまで全体を流したらすすぎは完了。洗剤の泡が残っているようなら、さらにもう1度すすいてください。

3、脱水
洗濯機で1分脱水をします。デニムを洗濯槽に沿わせて脱水すると、余計なシワがつくのを防ぐことができますよ。脱水は水滴が落ちてこなくなったら完了。もし、まだ水滴が落ちてくるようであれば、もう1分脱水をしてくださいね。

4、乾燥
裏返しにしたまま、直射日光を避けた風通しの良い場所で干します。デニムを筒状にして干すと、空気が通り早く乾かすことができますよ。日焼けを防ぐために室内で干すこともオススメです。

 

環境にも身体にも生地にも優しいDENIM-WASHはライトオンで購入できます。ぜひ一度試してみてくださいね。