30代がかっこよくデニムを履きこなすには!大人向けデニムコーディネート術(女性編)

ジーンズに興味はあるけれど、カジュアルな印象が強いアイテムなだけに「子どもっぽくなってしまうのが心配……」という、大人の女性も多いはず。そこで30代以上の女性におすすめしたいのが、インディゴデニム。インディゴデニムは、色のトーンが落ち着いているため上品な印象を与えることができます。またどんなコーディネートにも合わせやすく、ジーンズが悪目立ちすることがないために、非常に使いやすい色合いなのが特徴。
今回は大人の女性向けのデニムコーディネートのポイントをご紹介。

 

スキニータイプでスタイリッシュな魅力をアピール

ガーリー派もクール派も1本は押さえておきたいのが、スキニータイプのインディゴデニム。すっきりとまとまるので、チュニックや短めワンピースの下に重ねたり、シャツと合わせたりしても相性も抜群です。今季のトレンドアイテムのひとつに「ガウン」がありますが、シンプルなTシャツにガウンを羽織り、スキニーインディゴデニムをコーディネートするだけで、いまっぽいスタイリングが完成します。近年デニムONデニムの着こなしも流行っているため、トーンが明るいデニムシャツと合わせてデニムの濃淡の違いを楽しむのも上級者ならではです。

 

ゆとりのあるボーイフレンドデニムでカジュアルに

スキニーデニムと同じくらい定番化しているのが、ボーイフレンドデニム。彼氏のデニムを借りてきたかのように、ちょっぴりゆとりがあるデザインのものを指します。裾をロールアップさせて、カットソーやパーカーを合わせれば一気にカジュアルでヌケ感のある着こなしが完成します。ボーイッシュなだけでは、野暮ったくなってしまうので、かごバッグや、クリアピアスなどのアクセサリーで季節感を取り入れるのが上手に着こなすポイント。今年はぺたんこサンダルも流行っているので、足元を軽やかに演出するのも良いでしょう。

 

まだまだ人気続行中のワイドパンツで遊び心を利かせよう

ここ数年、根強い人気を誇るワイドシルエットのインディゴデニムはいかがでしょうか? 裾に向かって幅広くなっていくデザインなので、脚の太さにコンプレックスがある人には、スタイルカバーにもなりおすすめです。ボヘミアン調のコーディネートでも活躍するので、刺繍アイテムや、ペイズリー柄のトップスと合わせてエスニックな雰囲気で夏を楽しんでみるのはいかがでしょうか。