これで差がつく?テーパードジーンズの穿きこなし

穿きやすさやシルエットの強弱のつけやすさなどの理由から、さまざまなファッションブランドから次々と新商品が発売されるテーパードシルエットのジーンズ。でも、ただ穿いただけでは、その特徴であるシルエットを活かしきれません。
今回は、テーパードジーンズの特徴を活かしたシルエットをつくる方法を、いくつかご紹介。

 

ロールアップ

ロールアップは、テーパードシルエットを活かすことのできる、とてもおすすめな方法。ロールアップは、裾幅はそのままに、裾の位置が上がってくるため、よりテーパードを強める働きがあります。テーパードが強まるということは、太ももから足元にかけての逆三角形シルエットが強調されるということ。そうなると足元に視線が集まります。
足元には、冬であれば色や柄モノのソックスを持ってきたり、デザイン性のある靴や、ハイカットスニーカーを採用することで、コーディネートのアクセントを作ることができます。また、裾が細いので裾がゆらゆら動くこともなくなって、ルーズすぎる印象も少なくなります。

 

腰の位置

テーパードジーンズのシルエットには、腰の位置も大きく影響しています。
腰の位置が高ければ、より高い位置からボリュームを持たせることができ、ボーイッシュなシルエットに。
反対に、腰の位置を低くすれば全体のコーディネートのボリュームを足元寄りに持ってくることができ、腰やお尻まわりのラインをぼやかすことができます。あまり体のシルエットを出したくない時におすすめです。
このように、腰位置を変える穿きこなし方をする場合に大切なのは、お腹の位置ではなく、腰位置にややゆとりがあるウエストサイズでセレクトすること。ジャストサイズだと、腰位置を変えることが難しいですよね。
最近ではジーンズでもドローコードや、ウエストにゴムが入ったモデルも多いので、ベルトなしでも腰の位置を変えることができるようになりました。ぜひ、試着の際にも腰位置を変えてシルエットの変化を感じてみては。

 

トップスのタックイン

シャツなどのトップスのタックインも、テーパードジーンズのシルエットを強調するコーディネート技。
着丈の長いトップスだと、ウエストから太ももにかけてのテーパードジーンズならではの膨らみのあるシルエットが隠れてしまいますが、タックインをすることで、ウエストから太ももにかけての特徴的なシルエットに視線を集めることができます。また、ボトムスの全体が現れることになるので、生地自体に表情があるジーンズのおすすめのコーディネートです。

パンツそのもののシルエットだけではなく、着こなし方でもテーパードの特徴を活かすことができます。お手持ちのテーパードパンツでも、ぜひ幅広い表情を楽しんでみてくださいね。