これで決まり!テーパードジーンズのシルエットを活かすコーデ

テーパードジーンズの最大の特徴は、そのシルエット。腰回りにゆとりはあるけれど膝から裾にかけて細くなっているので、カジュアルな印象でありながら野暮ったい印象が少ないところがポイントです。
そんなテーパードジーンズのシルエットを最大限に活かすコーディネートにするには、アウターやトップスはどのようなものを選べばいいのか。今回は、テーパードジーンズのオススメなコーディネートをご紹介。

 

アウターの選び方

ジャケットやジャンパーなどの丈が短めのアウターは、腰回りが広くなっているアイテムよりも、腰回りにリプが入っているような、裾が狭くなっているものがオススメ。腰部分で一度シルエットが細く絞られリセットされるため、腰から下のテーパードラインをきれいに見せることができます。
また、コートなどの丈の長いアウターは、フロントを開けて着てテーパードラインを見せることでスッキリとした印象に。

 

トップスの選び方

トップスの選び方は、テーパードの度合いによって変わってきます。
強めにテーパードがかかっていて、腰回りにかなりゆとりがありながら急激に裾にかけて細くなるものは、それ自体が主張の強いアイテムなので、トップスはその逆でシンプルにすることで、シルエットが活きてきます。例えば、小さめサイズのシャツや、丈の短いスモールサイズのTシャツなど。また、トップスも含めて大きなものを選び、コーディネート全体をオーバーサイズにするのも今風です。少しゆとりがあるトップスは、テーパードジーンズのシルエットを中途半端な印象にしてしまうので、あまりオススメはできません。

テーパードが弱めで全体的に細めのジーンズの場合は、ジーンズのシルエットの主張が少なめで、品のある印象が強いので、ジャストサイズのシャツやテイラードジャケットなどで、キレイめにまとめるのがシルエットを活かすポイントです。

 

近年流行のテーパードシルエットのジーンズですが、このように他のアイテムとの組み合わせで大きく表情を変えることができ、その人らしさを出せる為、大きな魅力の一つと成っています。2本目・3本目のテーパードジーンズは、思い切って1本目と大きく「異なるシルエットのものをチョイスしてみてはいかがでしょうか?