印象度UP!ジーンズの裾アレンジ(クッション編)

新品のジーンズは丈が長めに作られているので、裾上げをする方も多いですよね。そのときに悩むのが、裾の長さの微妙な調整。短くしすぎてしまうと、もう長くはならないので少し緊張する場面でもあります。

丈を短めに裾上げした場合、くるぶしを出す幅で大きく印象は変わり、長めに取った場合はクッション数がシルエットに大きく影響します。
今回は裾上げのときに気をつけたいポイントと、裾の長さに合わせたおすすめの演出イメージや、合わせる靴をご紹介。

 

裾上げの基本

裾上げの長さを決めるとき最も大切なのは、ベルトを締めた状態で、いつも穿く腰の位置で裾上げをすること。裾の長さが1cm変わるだけで、足元の表情は大きく変わります。「このあたりかな?」と、おおよその腰の位置で手で押さえたりせず、穿く予定のスタイルと同じ状態で、裾上げの位置を決めましょう。

また、長さをピンで仮止めしてもらったら、必ず足を上げてみたり、少し歩いたり、できれば椅子にも座ってみて。立ったままだとわからない、膝が曲がったときの裾の表情を確認することができます。

 

長めの裾の演出

立った状態で1〜2クッション以上長めの裾にすると、足元にボリュームが出るスタイルになります。好みにもよりますが、靴の選び方は裾に合わせて、ボリュームのあるものがおすすめ。例えば、ブーツや、ソールの厚めなスニーカーなど。また、革靴でもシンプルなものや細身のきれいめなものではなく、飾りなどの遊びがあるものが、足元のバランスを整えてくれるので、こちらもおすすめです。

 

短めの裾の演出

立った状態でクッションがなく、靴下がちょうど見えないくらいの裾にすると、足元はスッキリした印象に。これ以上に短くなると、歩いたり、座ったりしたときにくるぶしがしっかり見えてきます。
短めの裾にした場合、靴下の色や柄をコーディネートに取り入れやすくなり、より靴単体のシルエットやデザインに視線が集まるので、例えば、ハイカットのスニーカーや、デザイン性の高いローカットのシューズなどがおすすめ。シルエットの印象はスッキリしているのに、足元もシューズのデザインによって自由に主張できるので、近年の「シンプル」かつ「自分らしい」というファッションの流れに合っています。

裾の長さに合わせて、おすすめの足元の演出をご紹介いたしましたが、両方楽しみたい!と言う人もいますよね。そんなときは、やや長めに裾上げをしておいて、ロールアップをすることで調整をしてみて。もちろん、ロールアップをしない方がよりスッキリした印象を演出できますが、ロールアップをしたときに見えるセルビッチ(耳の部分)に色が入っているジーンズも多いので、その日の気分や、コーデに合わせた丈の長さを楽しんでみてくださいね。