デニムとドレスコード。ジーンズを履いていいのはどんなとき?

デニムはしっかりと着こなせばオシャレに活躍してくれる一方、ちょっとした近所へのお出かけの際などにも気軽に履いていけるという懐の広さが魅力です。便利なアイテムである反面、どうしてもカジュアルなアイテムというイメージが強いため、ドレスコードのあるパーティーに出かける場合などには気をつけなければいけません。今回はデニムとドレスコードについての記事です。

フォーマルな場では、デニムはNG!

ドレスコードにはさまざまな種類がありますが、正式なものから列挙すると、フォーマル、セミフォーマル、インフォーマルといったものがあります。一般的な結婚式・披露宴などのドレスコードはセミフォーマルであることが多いですね。また、よく見る「平服」という表現は、インフォーマルとほぼ同義であると考えてよいでしょう。結婚式の二次会などで指定されることの多いドレスコードです。いずれも、デニムスタイルはNGと考えましょう。

 

「カジュアルエレガンス」「ビジネススタイル」は?

「カジュアルエレガンス」というドレスコードも、比較的よく目にするものです。「カジュアル」のワードが入っているため悩むところですが、高級レストランにふさわしい装いと考えると良いでしょう。具体的には、男性ならばダークスーツ、女性ならばややドレッシーなワンピースなどが当てはまります。こちらもデニムは不適切です。

また「ビジネススタイル」について、IT業界・ベンチャーなどの会社で、普段からカジュアルな装いで勤務しているケースでは迷う方もいるかもしれません。「ビジネスアタイア」と呼ばれることもありますが、いずれにしても通常はスーツ着用が適切です。株主総会の場などで指定されることが多いので、その会社の業界・カラーなども考慮しましょう。

 

悩みどころの「スマートカジュアル」

多くの方が「デニムでもOKなのでは?」と悩みがちなのは、「スマートカジュアル」というドレスコードでしょう。カジュアルな結婚式の二次会などで指定されることも多い反面、明確な定義の定まっていないこの言葉には、非常に悩ませられます。

結論としては、「スマートカジュアル」の場合、着こなし次第ではデニムも許容されると考えてよいでしょう。男性の場合、いわゆる「ジャケパン」のスタイル、つまり異なる色や柄のジャケットとパンツを合わせる場合、このパンツにデニムを着用する方も多いでしょう。ジャケパンのフォーマルさとラフさの幅自体が広いものですが、フォーマルなジャケパンスタイルの場合、そのコーディネートとしてデニムが適切なケースではOKと考えましょう。

 

デニムといってもさまざま。比較的フォーマルなデニムとは?

ただし、デニムといってもさまざまです。「スマートカジュアル」のコーディネートにデニムを取り入れる場合は、どんな種類のものを選ぶかという点が重要です。たとえば、カジュアルな着こなしに活躍してくれるダメージデニムですが、「スマートカジュアル」では当然避けるべきでしょう。

また、色にも注意が必要です。一般的なブルーのジーンズなどは非常に「デニムらしいデニム」に見えてしまいますので、ホワイトやダークネイビーなどの色を選択することが賢明です。

 

ドレスコードが「デニム」って?

ここまでにご説明してきたような一般的なドレスコードとは異なりますが、結婚式の二次会などで「デニム」がドレスコードに指定されることがあります。新郎新婦が「気取らないスタイルで、ゲストにリラックスして楽しんでほしい」と考える場合など、遊び心あふれる仕掛けとして企画されることも多いようです。

こんなケースは、試してみたかったけれどなかなか勇気が出なかったコーディネートにトライしてみるよい機会になるかもしれません。デニムをうまく着こなして、素敵なパーティーに華を添えられるとよいですね。