ジーンズもセンタープレスを入れると印象が変わる!

スーツのスラックスに施されているイメージのあるセンタープレス。最近ではカジュアルなパンツにも取り入れられているものを見かけますよね。どうしてセンタープレスが施されているのでしょうか?

 

そもそも「センタープレス」って何?

スーツのパンツなどによく見かけるセンタープレスは、その名の通り「パンツの中央に入った折り目」のこと。
きっちりした雰囲気があるパンツによく施されている加工なので、お手入れしにくそう…とか、洗う度に取れてしまいそう…などのイメージはありませか?
実は、最近のビジネススーツなどのパンツには、洗っても取れないように特殊な樹脂などを使ってセンタープレス加工をしているものがほとんどですよ。

 

センタープレスを入れると雰囲気が一新する!

では、なぜセンタープレスを施しているのか。
センタープレスを施すメリットは、大きく2つあります。
・落ち着いたイメージや清涼感を演出することができる。
・縦のラインが強調されて足長効果もあ、りスタイリッシュな雰囲気を出すこともできる。

これらのメリットはパンツの種類や素材に左右されることはないため、最近ではチノパンやジーンズ、クロップドパンツなどのカジュアルな要素が強いパンツにも、センタープレスが施されている商品が多くみられるようになってきているんです。
ただし、コーデュロイやストレッチ素材などセンタープレスを施しづらい生地もあるので、手持ちのパンツに入れる際には素材をしっかり確認するのを忘れないようにしましょうね。

 

「センタープレス加工」は自分で簡単にできる

クリーニング店で加工をお願いすることもできますが、アイロンを使って自分で付ける方法もあります。
ちなみにセンタープレスは左右対称につける必要があるので、合わせをきちんとするのがポイントです。

1.内股・外脇の縫い目同士を股下から裾までが全てキレイに重なるように、数回に分けてしっかり合わせます。その状態のままで真ん中の部分だけアイロンをかけてください。

2.裾部分の縫い目同士が正確に合っているか確認したら、裾の両端2、3cm程をアイロンして固定します。

3.脇部分の縫い目がずれないように気をつけながらクリースライン(折り目)が真っすぐ直線になるところまでカーブさせて形を整えます。

4.前後でどこまで折り目をつけるか決めたら、センタープレスをして完成です。
※慣れればできますが、はじめは裏地付きのパンツは難易度が高いので避けるほうが無難です。

 

手持ちのジーンズの印象を変えたいなら「センタープレス」

いま持っているジーンズをセンタープレス加工すると、クラシカルな雰囲気を持つジーンズへと簡単にアレンジすることができます。自分でチャレンジしてセンタープレス加工が気に入ったのなら、クリーニング店などのお願いして本格的に加工してもらうとより長持ちして使いやすくなりますよ。
ただし、センタープレスはあくまでも自己責任で行ってくださいね。