オーバーサイズデニムコーディネートの基本

昨今大きなトレンドとなっている、オーバーサイズコーディネート。そのゆるい雰囲気と、素材感を生かしたコーディネートで、大変人気ですね。このオーバーサイズコーディネートにデニムアイテムを取り入れた場合、どのようなポイントがあるかご存知ですか?
今回は、ジーンズのシルエット別に、コーディネートのポイントをご紹介。

 

ワイドジーンズ、バギージーンズ

トップス、ボトムスともに大きめサイズをセレクトするのが、オーバーサイズコーディネートの定番。よりゆるい雰囲気を出したいときにどのようなジーンズの選べばいいか。ポイントは2つです。
ひとつは、腰回りのゆったり感。ウエストを大きめにするのも方法の一つですが、あまりに大きすぎると、ベルトを締めたときに“たわみ”が出てシルエットが崩れてしまいます。そんなときにオススメなのはタックが入ったワイドデニム。腰回りよりも、太ももにゆとりが生まれるので、よりゆったりした印象になります。
もう一つは、裾の長さ。短めにするか、長めにしてクッションさせるか、はっきりさせるのがポイントです。近年ロールアップが定着していますが、ゆったりさを出すためには、裾をあえて長めにとり、2~3クッションさせるのもオススメ。中途半端なジャストな裾はできれば避けるのがベター。

 

テーパードジーンズ

トップスにオーバーサイズアイテムを持ってきて、ボトムスはテーパードジーンズを合わせる場合のポイントは腰回りの太さです。トップスのゆったり感を損なわず、全身でゆるい雰囲気を演出するためには、腰回りに大幅なゆとりがあるジーンズが、オススメ。テーパードが強めにかかっていて、裾が細いものは、裾をロールアップして、ボトムスで太さの緩急をつけてもおしゃれですよ。

 

スキニーニーンズ

細身のスキニーデニムも、オーバーサイズのコーディネートに取り入れることができます。トップスにはオーバーサイズなシャツやカットソーなどをセレクトしますが、ポイントとなるのはその丈の長さ。ゆったりとしたトップスの丈は、少なくともお尻がすっぽり隠れる程度の長めがオススメです。丈が長いことで、よりトップスのゆったり感、オーバーサイズ感が強調され、メリハリのついたコーディネートが完成します。

このように、ポイントをおさえることで、お手持ちのジーンズやトップスでも、オーバーサイズコーディネートに取り入れられるアイテムがあるかもしれません。是非今回のポイントを参考に、チャレンジしてみてくださいね。

 

オンラインショップはこちら