ダメージジーンズの着こなしポイント

これ1本で「こなれ感」のあるコーディネートが楽しめるダメージジーンズ。ハードでロックな印象の一方で、「抜け感」「こなれ感」を楽しみつつ、きれいめに穿きこなす人が増えてきているのも事実。今回は、ダメージジーンズできれいめコーデをする上で、押さえておくべき3つのポイント「ジーンズのシルエット」「トップス」「靴」の、おすすめをご紹介。

 

ジーンズのシルエット

きれいめコーデに大切なのは、ジーンズのシルエット。裾も余らず、クッションもせず、細くシュッとまとまっていることが大切なので、細身のテーパードシルエットのジーンズがおすすめ。裾の幅もジャスト〜やや細めが、整った印象を演出し、ダメージのカジュアルさとのメリハリがつきます。太めタイプのジーンズだと、ダメージ部分にゆとりや遊びが出てしまって、よりハードでカジュアルな印象に。

 

トップスの選び方

細身のテーパードシルエットのダメージジーンズの場合、トップスは、よりシンプルな柄・色目・シルエットのものがおすすめ。ボトムスはきれいめシルエットではあるものの、ダメージ加工でインパクトとハードな印象があるので、インパクトのあるトップスだとややうるさい印象になってしまいます。無地のシャツや、カットソーなどのシンプルなデザインのトップスを、ジャストサイズで着るのが◎。

 

靴の選び方

靴選びも、ダメージジーンズをきれいに着こなす上で、とても重要なポイント。おすすめは、普段のきれいめコーデやフォーマルコーデのときに使う革靴です。
女性であれば、きれいめコーデに使うパンプスやヒール、男性であれば、普段スーツに合わせる革靴をセレクトするのもおすすめ。ダメージジーンズのハードな印象を、足元で一気にきれいめに引き締めましょう。

 

このようにダメージジーンズをきれいめに着こなすためには、ボトムス以外のアイテムをできる限りきれいめ・フォーマルなアイテムで固めることが大切です。きれいめコーデや、フォーマルなコーデのボトムスを、ダメージジーンズに入れ替えるようなイメージで、ダメージジーンズコーデを楽しんでみてください。