初心者が失敗しないためのオススメジーンズの選び方!

いまやファッションアイテムの定番として、老若男女に愛されているジーンズ。しかし、価格もシルエットもさまざまに販売されている現代で、ベストなジーンズを見つけるのは至難の技。ジーンズマニアでさえ、コレクションには膨大な時間をかけているのですから、初心者がお気に入りのジーンズを見つけるのは非常に難しいといっても過言ではありません。
だかこそ、ジーンズ選びの参考に少しでもなるおすすめ情報があれば、あらかじめ知っておきたいもの。今回は初心者でも失敗知らずのジーンズ選びtipsをご紹介。

 

まず覚えておきたいのが、ジーンズのシルエット選び。ひとそれぞれ好みはあるものの、たとえば太めシルエットのものと、細めシルエットのものでは穿いたときに周囲に与える印象も変わります。

太めシルエットならよりカジュアルに、細めシルエットならすっきりと洗練された印象を与えるはずです。ジーンズはカジュアルさが売りのアイテムでもありますが、「とにかく初めの1本が欲しい!」というひとは、いまっぽくおしゃれに着こなせるシルエットを選ぶべき。それなら細めシルエットを選ぶのが無難です。

細めシルエットのジーンズなら、コーディネートにIラインとYラインを作るのも簡単。一方中途半端に太めシルエットのジーンズでは、両方のラインを作ることも難しいため野暮ったいコーディネートに仕上がってしまうこともあります。もちろん本人のファッションセンスにより、太めシルエットのデニムを上手に着こなすこともできるはず。

おしゃれは苦手、と感じているならテクニック知らずでもすっきりと身につけられる細めジーンズを選んでみましょう。

 

次にポイントとなるのが、ジーンズの色味。色落ちのトーンに個性が感じられるジーンズですが、初心者は濃いめトーンを選ぶのが正解。

明るいトーンは合わせるアイテムによっては、カジュアルに仕上がりすぎてしまうこともありますが、濃いめトーンなら、シャツ、ブラウスなどとの相性も抜群。クリーンな雰囲気にまとまるので、お呼ばれなどのシーンにも気軽に取り入れることができます。ジャケットを羽織って、スタイリングに変化をつけるのも良いでしょう。

また大人っぽく仕上がる濃いめトーンのジーンズなら、カジュアルなパーカーを着るだけでもだらしない印象にはなりません。これが明るめトーンのジーンズだと「ちょっとそこまで…」と言ったような、ご近所コーデにまとまってしまう可能性が大きいのです。

初心者が1本目のジーンズを選ぶなら、シルエットとカラーにこだわることが大切! ぜひ参考にしてみてくださいね。