ジッパーにはバネが入っている?!ジーンズとジッパーの歴史

zip-390862_1280

初めてジーンズにジッパーが採用されたのは1926年。リーの名作ジーンズ101Zの前身である「ダンガリーズ」というモデルに採用されたのが始まりと言われています。リーバイスでも、その着脱のスムーズさから、都会の若者向けモデル551ZXXに採用するなど、ジッパーを採用したジーンズは、各社の販促戦略の一端を担っていました。

 

Casual Afro young man sitting against wall with hands covering face

しかし、初期のジッパーは、動きの中で勝手に下がってしまうことがしばしば。これは、動きの多い労働者のワークウェアであるジーンズにとって、とても大きな課題でした。
そんな課題を解決するべく、各社はその時代の最新ジッパー技術をいち早く導入していきます。
今回は、次々に進化してきたジッパーの機能と、ジーンズに採用された年代についてご紹介。

 

ピンロック式(1950年代前半〜)

引き手の根元に、先の尖ったツメ(ピン)がジッパー方向に向けて付いており、ジッパーの片方の列に物理的に押し込むことでロックされます。
しかし、経年でツメがすり減りロックできなくなってしまうことも。

 

カムロック式(1950年代後半〜)

カムロック式は、ピンロック式のツメが2つあり、ジッパーの両方の列に押し込むことができるため、より強くロックすることが可能となりました。
しかし、やはりこちらもピンロック同様に、ツメのすり減りが発生します。

 

セミオートマチック式(1960年代〜)

引き手の角度でロックできるタイプです。引き手の向きを降ろした状態でロックがかかりジッパーが固定され、引き手を持ち上げるとロックが外れます。引き手と胴体の間に、U字型のスプリング(バネ)の役割となる金属が組み合わされ、その反発力でロックされます。ツメを使わないので、使用によるすり減りもなく耐久性がグンと伸びました。

 

オートマチック式(1960年代〜)

胴体の中にスプリングが内蔵され、引き手の角度に関係なく、引き手に一定以上の力を加えない限りジッパーが動かないように調整されています。
現在幅広い用途で使用されているジッパーの基本構造は、このオートマチック式となります。

 

このように、ジーンズの歴史とともに進化をしてきたジッパー。もちろん、ジーンズだけではなく、カバンなど使われたジッパーも同じような歴史をたどっています。ビンテージジーンズや、古い年代のファッションアイテムを手に取る機会があれば、、実際にジッパーを動かしてみて、どのようにロックされるかを見てみるのも、一つの楽しみになるのでは。