糸の番手とは?ジーンズの縫製で解説

生地を織り成す糸。生地と生地を縫い合わせるのも糸。ジーンズはもちろん、糸はさまざまな製品を作る過程で必要不可欠な素材です。

そんな「糸」。色々な太さがあるのを見かけたことがありませんか?
例えば今着ている衣服を見てみてください。生地を織り成している糸と縫製に使われている糸の太さが異なっていますよね。

今回は、一般的に色の太さを表していると認識されている糸の番手と、ジーンズの縫製に使われている糸の番手についてご紹介。

 

糸の番手とは?

簡単に言うと、糸の太さの目安を表す単位。
数字が大きいほど細い糸、小さいほど太い糸となります。ただ、それはあくまでも”簡単に言うと”。

正確には糸の太さではなく、一定の重さに対して長さがいくらあるかで測定。重さ1ポイントで長さ840ヤードの糸が1番手の糸とされていて、番手の数字が大きくなるほど細くなっていきます。
例えば、重さ1ポンドで840ヤードの糸と、重さ1ポンドで1680ヤードの糸だと、後者のほうが細い色だということはイメージできますよね。
番手はあくまでも「一定の重さに対しての長さ」で決まっているので、同じ素材、同じ重さの糸でも撚りが甘いと糸は太く、逆に撚りが強いと糸が細くなります。番手が同じでも太さが同じとは限らないんです。

 

ジーンズの縫製に使われる糸の番手

ジーンズ使われるデニム生地。言わずもがなとても分厚い生地ですよね。
ジーンズは、そんな分厚い生地を何重にもしたが箇所や着用時に負荷がかかる箇所が多々あります。そういった箇所の縫製に使われるのは、もちろん強度のある6~8番手の太番手の糸。
でも大半の箇所は20~30番手の糸で縫製されていて、箇所によって縫い方で強度を出したりしているんです。
上の画像でも、箇所によって糸の太さや縫い方が異なっていることがわかりますね。

 

ちなみに。
最近人気が定着したヘビーオンスジーンズ(一般的なジーンズよりも生地が厚い)の商品説明で「0(ゼロ)番手の極太縫製糸を使用」と記載されているものがありますが、これは実質3~4番手の糸。
番手は重さと長さで決まるので、そこに糸として長さが存在している以上は、どれだけ太くて重い糸でも0番手にはなれないんです。
ですので、0番手というのは「この上なく強度があり太い糸」ということをわかりやすく伝えるための比喩表現なんですよ。