デニムって何織? 生地の織り方いろいろ

履きなれるほどに風合いを増すジーンズ。その材料デニム生地は言わずと知れたコットン織物。コットン織物も、ぐっと解像度を上げて見てみると、ガーゼ、オーガンジー、ブロード、モスリン、オックスフォード、シャンタンなど、たくさんの種類があります。これらは大まかに平織、綾織、朱子織の3つに分類することができ、これを布の三原織組織と呼びます。
denim-497841_1280

 

 

平織(ひらおり)とは?

繊維組織の中でもっともシンプルな織り方。経糸(たていと)と横糸(よこいと)を1本ずつ交互に上下に浮き沈みさせながら交錯させて織る織り方のこと。折り目の模様は左右対称で布の強度は頑丈です。シャツに使われるオックスフォードやブロードは、この平織でできています。

平織

 

綾織(あやおり)とは?

古くは最高品質の絹を織る織り方でしたが、今ではすっかりデニム生地を織る織り方としておなじみです。織り方はまず1本の経糸が2本の横糸の下を通り、次に1本の緯糸の下を通ります。その隣の経糸はひとつ糸目がずれるだけで、先ほどの経糸と同じ動きを繰り返します(三つ綾と呼びます)。また、1本の経糸が3本の横糸を通った後、1本の経糸の下を通る(四つ綾)があります。いずれも経糸が浮いた点が織物の表面に斜線となって現れるので、色落ちしたジーンズの布目を見れば、綾織がよくわかるはず。布としてはシワになりにくく、堅牢さが魅力です。

綾織

 

朱子織(しゅすおり)とは?

経糸と横糸を5本以上使って織ります。平織や綾織は経糸と横糸の交錯が生地の表に出て見えますが、朱子織は経糸が横糸のどちらか一方のみが表面に出るように織るため、美しい光沢があるのが特徴です。摩擦には弱いので、高級なドレスシャツや高級服の裏地などに使われます。

朱子織

 

コットンを織り成す三大織り物。いかがでしたか?綿布について詳しく知れば、手元のジーンズへの愛もより一層深まりますね。