意外とかんたん!洗濯表示の覚え方ポイント

ほとんどの繊維製品に付けられている品質表示タグ。そこに記載されている洗濯表示記号が変わったのは知っていましたか?
平成28年12月1日に家庭用品品質表示法に基づく洗濯表示が改正され、主に「基本記号」と「付加記号」のかけあわせで構成される記号になりました。旧表記に比べてシンプルになったようにも見える新表記方法。シンプルになった分、覚えにくいのでは?と思いきや、覚え方のポイントさえおさえてしまえば、実はかんたんに理解できるんです。
今回は、クリーニングのプロ以外の一般の方が主に覚えておくと便利な「基本記号」と「付加記号」の覚え方のポイントをご紹介。

laundromat-928779_640

 

基本記号

「基本記号」は洗濯方法を表しています。
一般家庭で洗濯する場合に覚えておくと便利な「基本記号」は全部で4つです。

洗濯についての表示 乾燥についての表示 アイロンについての表示 漂白についての表示
 洗濯処理記号  乾燥処理記号  アイロン仕上げ処理記号  漂白処理記号

 

付加記号

「付加記号」は、基本記号で表されている方法を実施する際の強弱や限度など、さらに細かい指定を表しています。
覚えておくと便利な「付加記号」は全部で3つです。

 弱い処理を表す付加記号 「弱く」を表わしていて、線が増えるほどに弱くします。
例えば、洗濯桶マークの下に一本の横線がある場合、「弱い洗濯処理ができる」。二本の横線がある場合、「非常に弱い洗濯処理ができる」です。
 処理温度を表す付加記号 処理限度となる温度を表していて、点が増えるほど高温となります。
例えば、アイロンマークの中に点が一つ記載されている場合、「底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げ処理ができる」。三つでは、「底面温度 200℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。」です。
 処理・操作の禁止を表す付加記号 処理・操作の禁止を表しています。
例えば、漂白マークにバツがついていたら、「漂白禁止」。アイロンマークにバツがついていたら、「アイロン禁止」です。

 

家庭での洗濯のため、特に覚えておきたいのは、「洗濯」(桶のマーク)と「乾燥」(四角マーク)。お気に入りのデニムをはじめ、大切にしたい繊維製品を取り扱うときのために、ぜひ一度消費者庁のホームページで詳細をチェックしてみてください。

表示の種類も多く、どこから覚えれば良いのやら…と頭をかかえそうになりますが、今回説明してきたような、「基本記号」「付加記号」の掛け合わせのルールだけおさえていれば、これまでよりもシンプルで覚えやすいはず。新しい表記に出会ったら、このポイントたちを思い出してみてくださいね。