「洗わない」は間違い?正しいジーンズのお手入れ方法・洗い方

「ジーンズは洗わない」と自慢げに話す人がいるけれど、何年も洗わないなんて不潔。とはいえ、頻繁に洗濯をして深いインディゴブルーの色が落ち、ぼんやりした印象のジーンズになってしまうのはイヤ。一体ジーンズってどんな頻度で、どんな洗い方をすればいいの? そもそも洗わないのは正しいの? そんな悩み・疑問をお持ちの方も多いことでしょう。
この記事では、ジーンズ好きならぜひ知っておいてほしいジーンズの正しいお手入れ方法と洗い方、そして「これさえおさえればOK」のお手軽お手入れ方法と、洗うたびにかっこよくなる洗濯方法をご紹介します。

 

そもそも、ジーンズを洗わないのは正しい選択?

07eb46683d89981037de1b55d3ab3240_s
答えはノー。濃いブルーをずっと楽しみたいという人でも、着用している本人が汚れや匂いが気になるなら、洗うのがベターです。
また、単に快適さが失われるということ以上に、洗わないことはジーンズの生地に大きなダメージをもたらしてしまいます。汗などの酸性の汚れは繊維が劣化する原因にもなりますし、これに伴う雑菌の繁殖もジーンズにとってよくありません。丁寧にケアすれば数十年も穿き続けられるようなジーンズが、数年でダメになってしまうこともあります。

 

洗い方のルールはいたって簡単。

ジーンズを洗うときの鉄則は、「必ずジーンズ単独で洗うこと」。というのも、ジーンズを染めているインディゴ染料は色落ちや色移りがしやすい染料であるためです。水にくぐらせれば色が落ちるもの、と心得ておいてください。白色の衣類との混合洗濯はもちろん、着古してある程度色落ちしたジーンズの場合でも注意が必要です。
また、色落ちを促進してしまうお湯で洗うのは絶対にタブー。基本的には水洗いが理想的ですが、汗や匂いが気になる場合は中性洗剤を使って洗ってください。ジーンズは色落ちしやすいので弱アルカリ性洗剤は避けるほうがベター。最近はジーンズ専用の洗剤もでているので、それを使ってみるのも◎

 

>>【ライトオンオンラインショップ】愛着のあるデニムを大切に洗いあげる、環境にも身体にも優しい新しい洗剤「デニムウォッシュ」の購入はコチラ

 

単独で洗うのは面倒、というちょっとズボラなあなたは、せめてデニムを裏返しにして洗濯機へ。少しでも色落ち・色移りを防ぎましょう。
a0002_011480
干すときは、強い直射日光を避けて、風通しのよい場所で陰干しに。ピンチつきのハンガーに吊るせば、パンツの筒状の部分に空気が通って早く乾かすことができます。「高温のお湯」「塩素系漂白剤」「強い太陽光」この3つを確実に避けて「ジーンズ単独」で「裏返し」にして「水洗い」でOK。洗い方のルールは、たったそれだけです。

もし、他の衣類に色移りしてしまった場合は、まずは自分でできる対処法を試してみてください。それでも落ちない場合は、クリーニング店など専門の業者に任せるのがよいでしょう。

 

>>【ライトオンオンラインショップ】シミ取り・色移り防止シートなどの購入はコチラ

 

マニアにオススメ◎

最後にジーンズの経年変化を楽しみたい、というちょっとマニアなあなたにオススメなのが以下の方法。
ジーンズは何度も繰り返し履くことによって風合いが増すもので、歩く、座る、膝を曲げるといった何気ない動作を繰り返すことでできるしわと、そのしわが由来でできる自然な色落ちを「ヒゲ」と呼びます。まるで布が動きを記憶しているみたいで、個性も表現されますよね。でも一体、どのようにお手入れすれば、良い具合にヒゲがつき馴染んでいくのでしょうか?

 

必要なのはノンウォッシュのジーンズ。

shu.ph45
まずは糊がついていた固い状態から、少しずつ穿き慣らしていきます。穿く頻度や季節にもよりますが、穿き始めの最初の1ヶ月を目安に、しばし洗わずに穿いてみてください。そして身体の動きが癖づいたかなと思ったら、冒頭でお伝えしたように、裏返して洗剤を使わずに水洗いをしましょう。ここで注意することは、ジッパーを上げてボタンを留めた状態で洗うこと。シワをつけたい部分以外のところに金具が当たってしまい、想定外の色落ちの原因になってしまうのを防ぐためです。
これを行う季節としては、秋や冬がよいかもしれません。夏にはどうしても汗を多くかいてしまうため、1ヶ月程度であっても洗わずに過ごすことが負担になってしまうでしょう。また、天気にも注意しましょう。雨や雪などに濡れると意図しない色落ちが発生してしまいますので、晴れや曇りの日に着用するよう心がけましょう。

これらのポイントに注意して、まるで時間とともにジーンズを育てるような感覚で、世界でオンリーワンのジーンズを作ってみてくださいね。

 

追記修正:2019年7月26日