こんな時どうする?!デニム素材のお悩みQ&A

ジーンズなどのデニム素材は非常にデリケート。特に買ったばかりのデニムは生地に定着しきっていない染料が残っているので、色移りはつきものなのです。
今回は、そんな時に自宅でできる方法をご紹介。

Case 01
白い洋服にデニムの色が移ってしてしまった…。

white-845071_1280_600

ついつい他の洗濯物と、買って間もないデニム生地の洋服を一緒に洗ってしまったり、デニムと重ね着していた白い洋服に擦れて色移りしてしまったこと、ありませんか?
最も確かなのはクリーニング屋さんへ相談ですが、色移りはなるべく早く対応するのが吉。自宅ですぐにできることをご紹介。

 

対処法.
対処法は、デニム素材の品質表示で禁止されていることを逆手にとって行うのが得策です。もちろん、色移りしてしまった洋服の洗い方マークの許容範囲内であることが望ましいですし、移ってしまったデニムの色味以外の色味も取れてしまうことが考えられます。しかし、色移りしたままではもう着ることができない場合は、試す価値はあり。一度や二度ではなく根気が必要な作業となりますが、以下の方法を試してみては。

1:50度程度のお湯で洗う

水温が低いと、デニム生地の染料は溶け出てきにくい特性があります。一方で、熱湯のように高ければ高いほどよいわけではありません。温度が高すぎると、生地を傷めてしまったり、逆に生地と染料が結びつく反応が起きて、色が定着し取れにくくなってしまう場合もあります。

2:酸素系漂白剤を使う

デニム染料のインディゴは酸素系漂白剤に溶けやすく、色が落ちやすくなります。漂白剤ですので、色移りしてしまった先の洋服が真っ白であることや、装飾がない場合に取りうる手段となります。

3:中性洗剤ではなくアルカリ性洗剤を使う

色落ちさせたくない時に用いるのが中性洗剤です。洗浄力が高く、洗浄できる幅の広いアルカリ性の界面活性剤を使うことで、デニムの色が落ちやすくなります。

4:脱水を念入りに行う

生地自体が伸びてしまう可能性も高いので、強い手絞りや長時間の脱水は避けたいところですが、通常の洗濯機で通常の倍程度の時間脱水するのも効果的です。

5:(番外編)染める

あくまで番外編ですが、1〜4のように生地を傷めたり型崩れしてしまうリスクなく、大切に着続ける方法として、色移りした洋服を濃い色に染め直してしまうこともできます。綿素材などで着ていくうちに色あせてしまった場合に、新鮮さを取り戻すために行われる染め直しですが、もちろん色移りを隠すためにも利用することができます。普段あまり馴染みのない方も多いと思いますが、「染め直し」「染め替え」などでWEB検索して、お近くの事業所を探してみるのも一つの手です。