テーパードパンツで大人カジュアル

いまトレンドアイテムとして注目されているテーパードパンツ。
少しシェイプされている細身のシルエットで、きれいめカジュアルにも、ほどよくドレッシーにも着こなせるアイテムです。
デニムやリネン、コットンなどなど、いろいろ展開されている、そんなテーパードパンツのコーディネートのポイント、教えちゃいます。

detail (1)

 

そもそもテーパードパンツって?

“次第に少なくなる”というテーパード(tapered)の意味のとおり、裾に向かってシェイプされているシルエットのパンツです。
スキニーやスリムのように太もも部分もピタッと細くシェイプされているわけではなく、主に膝より下がシェイプされているので、腰から太もも部分まではゆとりがあるのが特徴。
スッキリとしたシルエットが好みだけど、ピタピタは苦手という人もチャレンジしやすい型です。

 

きれいめにするなら裾丈の長さがポイント

きれいめに着こなすにはIラインのシルエットを作るのがセオリー。裾丈が少し長いと靴の部分で裾がたわんでしまって、少しルーズな印象になってしまい、カジュアルな印象に。
ワンクッション(裾にシワが一つできるくらいで靴下が見えない長さ)でもいいですが、よりきれいめに仕上げるなら、クロップド丈や足首ジャストくらいにするのがおすすめです。

detaildetail (2)
それでもやっぱり長めの裾丈にしたい!という人は、ぜひロールアップを。折り返しの幅を2㎝程度の細いものにすることで、スッキリとした印象にすることができます。

9915_knJJP0LWBh_150010615_PnkM3zWBR2_1500

 

合わせるトップスでさまざまに変化

パンツのシルエットがきれいだと、トップス次第で色々な着こなしが可能になります。
Iラインを意識したすこし細身のトップスを選ぶと、細長いシルエットができ大人っぽい印象に。縦長効果も期待できます。
さらにIラインを強調したいときはトレンドのロングアウターを羽織ると◎。
トップスとパンツを同系色でまとめてもすっきりとした印象になりますよ。

10701_rnG6Msk01Y_150011542_hZqRgQfZC1_1500
合わせるアイテムによってさまざまな印象に変化するテーパードパンツ。コーディネートのベーシックアイテムとして1本取り入れてみては。

 

オンラインショップはこちら