ジーンズソムリエ?ロープレ優勝?ジーンズのプロ・接客のプロに迫った。

今回はソムリエについてご紹介したいと思います。え?いきなりワイン?と思った方、違うんです。実はジーンズにもソムリエがいるんです!

 

ジーンズソムリエって?

ジーンズソムリエとは岡山県にあるジーンズソムリエプロジェクト事務局が実施している「ジーンズソムリエ資格認定制度」に合格すると与えられる称号のこと。

0817-2

つまりジーンズのプロフェッショナル。
知識はもちろん、ジーンズ選びのアドバイスもしてくれるジーンズショップに欠かせない存在なんです。

 

どんな試験?なんと小論文も!

いったいどんな試験をクリアすれば資格を取得できるのか調べてみました。
出題されるのは49問のテストと小論文。
テストはこのような分野から出題されるようです。

  • 素材・服素材
  • 製造と縫製・製品
  • 洗い加工
  • 小売と製品取り扱い

専門的な知識ばかり……。
これに加えて小論文ですか……。
しかも合格ラインは100点満点中80点以上!
うーん、けっこうハードル高そうですね。

0817-3

実際にこの資格がどのように役に立つのか、現場で働くジーンズソムリエにお話を聞きました。

 

ジーンズソムリエに話を聞いた

0817-4

お話を聞いたのはライトオンイオンモール幕張新都心店の遠藤さん。

ライトオンはジーンズソムリエの合格者数トップクラスのジーンズショップなんです。

 

ジーンズソムリエってどんなお仕事?

ジーンズって普段から定番のアイテムとして履いていると思うんですけど、シルエットの名前が横文字で難しかったり、新しいシルエットが登場したり、選ぶ際によくわからない点が意外と多いと思うんです。

そういうときに、シルエットの細かい説明や違いなどを説明をすることで、お客様に納得して安心して選んでいただくことが私たちジーンズソムリエの役割ですね。

0817-5

とくに体型や脚を気にされるお客様が多いので、お客様がジーンズを選ぶときに何を気にしているのかをきちんと聞いた上で、悩みを解決できるジーンズを提案するように心がけています。

 

ジーンズソムリエになってよかったことは?

女性のお客様でジーンズを履きたいけれど、体型やフィット感に抵抗があるという方がいらっしゃって、話をしているうちに体のどの部分を気にしているのかわかってきたんです。そこをケアできるジーンズをおすすめしたらすごく喜んでくださいました。

0817-6

そのお客様が後日同じジーンズを買いに来られたんですけど、同じものがなくて。
けれど、お客様のことはよくわかっていたので新しい1本をおすすめしたら「私のことよくわかっているわね、ありがとう」と喜んでくださり、新しいジーンズを買っていただいたときはほんとにうれしかったです。

 

心がけていることは?

やはり、お客様との信頼関係ですね。
ジーンズに対する悩みは人それぞれあると思うので、そこをしっかりと聞いて相談に乗れるように心がけています。

シルエットの悩みだけでなく、ジーンズの履き方や、加工についてもきちんと相談に乗れるように日々勉強の毎日ですね。

0817-7

ジーンズの知識と接客があってこそ、お客様との信頼関係ができ上がると思っています。

 

せっかくなのでジーンズを選んでもらった

せっかくなので私に合うジーンズを選んでもらいました。

0817-8

私の場合、ちょっと脚が短いという悩みを解決できるジーンズをリクエスト。

スキニーやテーパードと言われるシルエットが良いとのことで、選んでもらったのがこちらのジーンズ!

0817-9

テーパードとは腰周りから太ももぐらいまではゆったりで、ひざ下から細くなるシルエットのこと。

元陸上部で太ももが太く、なかなか自分に合うシルエットがないなと思っていたので、これはベストチョイスです!

ありがとうございます!

 

知識だけでなくお客様に寄り添う

ジーンズソムリエとは、ただジーンズの知識を持っているだけでなく、お客様の悩みを聞き、それを解決する、まるでジーンズのお医者さんみたいですね。

0817-10

ジーンズソムリエの遠藤さん、ありがとうございました!

 

「ジーンズのプロ」の次は「接客のプロ」

遠藤さんによるとライトオンには「ジーンズのプロ」だけでなく「接客のプロ」もいるとのこと。

ロールプレイングコンテストで優勝したスタッフさんがいるんだそうです。というわけで早速そのスタッフさんの元へ。

0817-11

お話を聞いたのはロールプレイングコンテストで優勝したライトオンイオンモール旭川西店の福士さん。

 

ロールプレイングコンテストとは?

イオン同友店会ロールプレイング大会と呼ばれる大会で、アプローチ→接客→クロージングという一連の流れを7分間で行い、提案力、会話力などを競うコンテストです。

0817-12

私が優勝したのは2015年の大会で、イオン同友店会に加盟している全国28,000店の代表者が参加し、全国大会には各ブロックから選ばれた30名が参加しました。

 

大会の様子は?優勝した時の感想は?

大会前にイオンの方やテナントの方にご協力いただいていろんなパターンの練習をしたんですが、当日は緊張しすぎて頭が真っ白になってしまい、結局、普段通りの接客をしました。お客様のニーズを聞き、会話を楽しみ、自分らしい接客ができたと思います。

0817-13

優勝が決まったときはすごく嬉しかったです。審査員の方から「お得感いっぱいの接客」と言っていただきました。

うれしいと同時に「やってやったぜ!」という思いもありましたね(笑)販売員として自分の接客が認められた!ライトオンの接客が認められた!と思いました。

 

心がけていることは?

なによりもお客様に楽しんでいただくことですね。私たちにとっては仕事の時間でも、お客様にとってはお休みの日やお仕事終わりなどプライベートな時間にご来店いただいています。その時間をどうやったら楽しんでもらえるかを常に考えています。

0817-14

笑顔で楽しく会話することはもちろんですが、お客様のニーズをくみ取り、要望に沿った商品を提供し満足してもらい、家に帰ってからも楽しかったと思っていただける接客を心がけています。

 

販売には人柄がでる!

福士さんとお話ししていて思ったのはその明るさ!写真からもわかると思いますが、一緒にいるとこっちまで明るく楽しくなってしまうんです。

人柄とキャラクターが販売にも活かされているんですね。全国28,000店の頂点に立つのも納得です!

0817-15

福士さん、ありがとうございました!
2つのプロがNO.1の理由
ジーンズのプロ、接客のプロの両方にお話を聞きましたが、どちらも共通しているのはお客様のため、ということ。
ライトオンがジーンズショップNO.1である理由おわかりいただけましたか?