アタリやダメージを残すジーンズの裾上げ「貼り付け加工」

気に入ったデザインのジーンズを買ったにも係わらず、丈が長すぎてうまく着こなせない…という経験をしたことはありませんか?
そういった場合によく採用されるのは、好みの丈に合わせて裾を切って裾上げをする方法。ただ、この方法だと裾のアタリやダメージの雰囲気が変わってしまい、元の気に入ったデザインではなくなったり、イメージ通りに仕上がらないこともあります。
そんなときに知っておきたいのが、ジーンズの質感を残したまま裾上げができる方法、「貼り付け加工」や「挟み上げ加工」です。これを知っておけばお気に入りのデザインのまま、好みの丈のジーンズを楽しめますよ。今回はその加工方法をご紹介。

ダメージを残しておしゃれなまま裾上げをしよう

人気のブロークンジーンズや、ワイドパンツ、テーパードなど、膝あたりから裾にかけてのデザインに特徴があるジーンズが増えていますが、ジーンズはある程度身長が高い人でも着こなせるよう、丈が長めに縫製されていることがほとんど。女性ならヒールがある靴を合わせてなんとか丈感を調整することもできますが、男性はどんな靴を合わせたら良いのか悩んでしまうこともありますよね。かといって、丈を調節するために裾上げをすると、オリジナルのデザインを損なってしまうこともしばしば…。そんなとき、オリジナルのデザインの雰囲気はそのままに裾上げができたら、裾がだぶつくこともなく、スタイリッシュに決まるはず。

 

貼り付け加工

そこで覚えておきたいのが裾の「貼り付け」加工。加工業者によっては「あたり残し加工」と呼ばれていることもあります。アタリやダメージがかかっている裾の部分をカットして、裾上げした後にその部分を貼り付けることからこの名前がついています。裾の色とカットした位置の生地色は若干変わるものの、ほとんど気にならない程度でしょう。通常の裾上げに比べて少々手が込んでいるために割高にはなりますが、特に高級なジーンズを購入したときや、ヴィンテージものを見つけたときには、ぜひ試してみたいところです。

 

挟み上げ加工

もうひとつ、裾の質感を残したまま裾上げをする方法に「挟み上げ」といったものもあります。「貼り付け」は裾上げをしたところにオリジナルの裾を貼り付ける方法ですが、挟み上げは切った裾を一部解いてから、裾上げした部分を巻き込みつつ、三つ巻きした中におさめる方法。こちらは貼り付けよりもさらに手が込むので、加工費が高くなることがほとんどです。

裾上げの方法にも実はさまざまな種類があるので、「気に入っているけど丈が長すぎて似合わない」というジーンズを持っているのなら、少々値が張りますが一度お直しに出してみてはいかがでしょうか。