ピッタリのジーンズを探すために骨格タイプを知ろう

オシャレはしたいけれど、どんな服が自分に似合うのか分からない、洋服はたくさんあるけれどなんだかしっくりこない、といったお悩みを持っている人って意外と多いですよね。

服選びを選ぶときに体型を重視している人が多いのですが、実は重要なのは「骨格」。もしお手持ちの服が似合っていないと感じたら、骨格に合っていない可能性もあるんです。
今回は骨格タイプ別に、より美しく見えるジーンズ選びのコツをご紹介。

 

太ったり痩せたり、体型の変化は人間なら誰にでもあること。でも、骨格はある程度大人になれば大きく変わることはありません。自分の骨格タイプの特徴を知れば、似合う服の形(シルエット)がわかるので、服やジーンズ選びにも役立ちますよ。また、自分に適した柄や素材まで分かるという説も。

 

骨格タイプ

骨格は、大きく分けて「ストレート骨格」「ウェーブ骨格」「ナチュラル骨格」の3つのタイプに分かれると言われています。まずは、それぞれの骨格タイプの特徴をご紹介。

ストレート骨格
グラマラスなボディをしている人がこれに当てはまります。下半身は腰やヒップの位置が高く、ウエストラインが比較的はっきりしていて、膝から上が太めで、膝から下は細め。メリハリがあるタイプです。

ウェーブ骨格
体に厚みがなく、曲線的で華奢な骨格をしています。下半身は腰の位置が低く、ヒップラインは平面的。太ももは細身で、膝が出ていたり膝の上に脂肪がつきやすいのが特徴です。

ナチュラル骨格
骨太で骨格や関節がしっかりしているのがこのタイプ。ヒップはやや平面でヒップラインが長く、腰骨に厚みがあります。膝下のすねやアキレス腱の太さも特徴といえるでしょう。

 

骨格タイプ別 似合うジーンズを見つけよう!

ストレート骨格の人のポイントは、Iライン、シンプル。
もともと体型がグラマラスなので、必要以上に飾らずとも着こなしは十分にキマります。
ジーンズだと、あまり体にフィットしないストレートタイプで、ロング〜9部丈くらいがオススメです。できればノンウォッシュなどの色落ちやダメージが少ないものが◎。
トップスなどはハリのある素材のものにすると、Iラインのきれいめシンプルコーデのできあがり。

ウェーブ骨格の人のポイントは、Xライン、エレガント。
華奢で曲線的な体型なので、女性らしい着こなしが似合います。
ジーンズだと、体にフィットするスキニーやスリムタイプで、丈は足首が見える7部〜9部丈程度くらいがオススメです。カラーはブルーデニムよりも、ホワイトやブラックなどカラーデニムが◎。
トップスなどは薄くソフトな素材のものにすると、より可憐かつエレガントなコーデに。

ナチュラル骨格の人のポイント、Aライン、カジュアル。
直線的な部分と曲線的な部分をもつ体型なので、ラフなスタイルが似合います。
ジーンズだと、部分的に体にフィットするようなバギーなどのワイドタイプやフレアタイプがオススメ。カラーは濃色でも淡色でも着こなせます。
トップスなどは、とろみ素材や厚くも薄くもない素材のものにすると、カジュアルでラフながらもスタイリッシュに仕上がりますよ。

 

骨格を知ることで、自分の魅力がさらにアップ

自分の骨格の特徴を知ることで、着こなしがぐっと引き締まり、周りに与える印象も変わります。自信の骨格タイプは「骨格診断」で知ることがでますよ。