デニムの重さを測る「オンス」とは?

デニムを測る単位「オンス」。

4ac8e15fbc0fe8798f89c4dc1fd4207c_s
「オンス」って生地の厚さじゃなくて、重さの単位って知ってました?
ヤード・ポンド法の質量の単位だけれど、これが実にやっかい。常用オンス、トロイオンス、液量オンスと、測るものに応じて3種もあるんです。
1オンスがどれくらいの量か答えられる人は、よほどの単位オタクかバーテンダー経験者(カクテルを作るときの1液量オンス=300mlはきっと彼らには常識)くらいかも。

 

1オンスは28.35グラム

さてさて本題に戻って、デニムの「オンス」は1平方ヤードあたりの重さで表されていて、オンスの数が大きくなるほどデニムは重く、分厚くなります。ちなみに、1ヤードは91.44センチ、1オンスは28.35グラム。一般的なデニム、14オンスは1平方ヤード(約90cm四方)で約370g(14×28.35g)の重さを持つデニム生地ということ。メンズのジーンズに仕立てた場合、平均して600〜700gの重さになるっていうのだから、なかなかのウェイトですね。

 

布の重さは、糸の太さと糸を織り込む密度によって変化する。

shu.ph49
たとえば、14オンスデニムだと1インチの間に平均して縦糸が66本、横糸は44本も打ち込まれているんです。14オンス以上のデニムはヘビーウェイト、一方10オンス未満はライトウェイトと呼ばれていて、ヘビーになるほどゴワっとした手触りで、どちらかというとメンズジーンズ向き、ライトになるほど体にフィットしやすいので、レディースジーンズによく使われています。

 

生地の重さが違えば、色落ちも変わる。

重いデニムを選ぶと、生地に入るしわに強く色落ちがでるので、ヒゲやあたりもくっきり出ます。一方14オンスまでの厚さのデニムを選ぶと、体にフィットする分、しわがつきにくく、全体的にナチュラルな色落ちになるってことも、覚えておきたいですね。

流行でジーンズを選ぶのはもちろんですが、理想の色落ちをイメージしながら「オンス」でジーンズを選ぶようになったら、あなたもすっかりデニム通。