世界に誇る国内デニムの聖地、岡山

デニム生地の生産工場や、ジーンズの縫製工場など、ジーンズの産地「岡山県」。いまや岡山県のデニム繊維産業は、日本国内だけではなく世界の一流ブランドのデニム生産も担っています。
明治時代の錦糸工場に始まり、和服の繊維製品の町として古くから発展してきた岡山県。昭和に入ると縫製技術や機械が広まったことで、さらに多くの工場が誕生、1960年代の日本の高度経済成長期には、日本のデニム生産の集積エリアとして一気に成長し、今に至ります。

今回は、岡山県にデニム生産が集中するに至った歴史と、岡山デニムの特徴についてご紹介。

 

戦後に上野のアメ横でジーンズが売れ始めたことがきっかけ

戦後日本に駐屯していたアメリカ軍のGHQが穿いていたことから、人気に火が付いたジーンズ。東京の上野・アメ横で飛ぶように売れているということを聞きつけた岡山の繊維工場関係者が、それでは岡山の繊維技術を生かして国産で作ろうということで生産を開始したことで、流れができたと言われています。

生産工程は大まかに、生地のもととなるロープ(糸)の染色、→ステッチワーク(縫製)→ダメージ加工→ウォッシュ加工、となりますが、それぞれの段階で、色彩感覚や、手先の器用さ、さらには使用するマシンへの丁寧なメンテナンスまで、日本人の特色ともいえる細やかな繊維技術を、全ての工程で存分に詰め込み、世界で比類なき製品を作ることができたことも、この流れを後押しする一つの要因となりました。

 

海外ジーンズとの違いは「色落ちの深み」

shu.ph47

1本のデニムの繊維に染料を入れる技術は、岡山県は世界トップクラスです。太い繊維にもきちんと色を入れる技術があるので、厚みのあるデニム、すなわち色落ちの濃淡に深みがあるデニムを作ることができます。また、その繊維から生地を作る際には、テンション(糸を引っ張る強さ)に強弱をつけることでデニムの表面に敢えて凹凸をつけて色落ち(縦落ち)を促進しているそうです。

まさに、狙った色落ちや発色をコントロールできる技術があるということになります。

ヴィンテージジーンズや海外ジーンズは大量生産や物資不足の結果、色落ちにムラができるようになり、それが逆に愛される結果となった側面もありますが、国産ジーンズでは色落ちの具合や深さまで狙って作ることができます。国内ジーンズブランドがブレイクし、それぞれのブランドの持ち味が異なりバリエーションが豊富にあるのも、この技術のコントロールあってのことです。

自分の好みの仕様の岡山デニムを選び穿きこんでみれば、きっと自分だけのアジになるスピードや、好みの色合いへと変化していく様をいち早く感じることができるはずです。

 

ジーンズマニアにはたまらない!?児島エリア

pixta_17721019_s

岡山デニム生産の中心エリアである児島エリアには、エイジングを楽しめるジーンズ、自然なエイジング加工がされたジーンズ、女性向けの履き心地やシルエットを重視したジーンズなどなど、幅広いニーズにマッチしたお店が軒を連ねているジーンズストリートがあります。

 

その他にも、生産工場の見学や、ジーンズミュージアムなどの観光名所もたくさんありますので、旅行で行くのも楽しいスポットです。ぜひ旅の目的地として遊びに行ってみてくださいね。