ジーンズの生乾き臭…家庭で臭いを落とすコツとは?

雨の季節、洗濯物を外干しできずに生乾き臭に悩んだことがある人も多いはず。また汗臭いニオイが染み付いて、なかなか取れないといったこともあるでしょう。特にジーンズは洗えば洗うほど色落ちをしてしまうため、できるだけ洗濯する回数は控えたいのが本音。
今回は何度洗濯しても消し去れない生乾き臭を除去するいくつかの方法をご紹介。

何度洗ってもジーンズの生乾き臭が落ちない場合、原因を知ることが大切です。
悪臭の原因となるのは、洗濯で落ちきっていない皮脂や雑菌。通常どおり洗濯機で洗っても、生地の奥深くに染み込んだ皮脂や雑菌が取れていないために臭いを発してしまうのです。特にウエスト部分は汗をかきやすく、臭いの原因が繁殖してしまいます。

 

酵素系漂白剤を使って、ニオイの原因にアプローチ

まずは洗濯液を作ります。ジーンズを洗うときは蛍光増白剤の入っていない無蛍光タイプの洗剤を使用しましょう。色柄ものにも使えるので、色落ちを極力防ぐことができます。
次に酵素系漂白剤で雑菌を退治。酵素系漂白剤は液体のものを選ぶと生地に浸透しやすくジーンズで繁殖している雑菌にアプローチしやすいです。酵素系漂白剤は、雑菌は繁殖している箇所にかけると、雑菌と反応して泡立つので、反応がわかりやすいのも◎。
ただし、ボタン部分など金属にかからないように注意してくださいね。
酵素系漂白剤をかけたジーンズは、先に作っておいた洗濯液にすぐに入れること。そのまま20~30分ほど浸け置きをしてから、通常の洗濯をしてください。
漂白剤を使うときは、パッケージに記載されている利用方法や注意書きをよく読んで、失敗したときのリスクを考えて自己責任で利用してください。

 

熱湯を使って殺菌すれば、悪臭ともさよなら!

酵素系漂白剤を使わなくとも、皮脂や雑菌を落とすことができる方法があります。それは高温のお湯で洗うこと。煮沸消毒のようなイメージで、熱湯で菌を殺すのですが、くれぐれも火傷にはご注意を。
ジーンズ臭いが気になる箇所に、60度くらいのお湯をかけて10分程度置きます。その後、無蛍光タイプの洗剤で洗濯をすればOK。ただし、ほかの洗濯物と一緒に洗うと、ジーンズが色落ちしてしまった際に台無しになってしまうので、ジーンズ単体で洗うことがおすすめです。

 

お掃除にも使える重曹を活用してにおいを撃退

重曹といえば、フライパンの焦げ付きやシンクの油汚れ、ソファやじゅうたんの臭い取りにも使われるアイテムとして知られていますよね。ジーンズの皮脂よごれは酸性、対して重曹は弱アルカリ性のため、中和し、殺菌をしてくれるのです。重曹は食品にも使われる成分なので、敏感肌の人でも使いやすいのがうれしいところ。洗濯機の個体差にもよりますが、洗剤の代わりに重曹を使い、洗濯機で洗います。その際、ジーンズを裏返して洗濯をすると色落ちを防ぐことができます。そのまま半日程度干せば、臭いがすっきりと取れているはず。重曹はドラッグストアや100円ショップでも買うことができるので、ジーンズの生乾き臭が気になる人はぜひトライしてみてはいかがでしょうか。