デニムサイズの測り方

オンラインでデニムを注文したいときや、裾上げを依頼したいときなど、自分のサイズを正確に知りたい場合にはデニムのサイズを測らなければなりません。でも、「ウエスト」「わたり幅」「股下」などの用語がどこの長さを指すのか、自信のない方も多いのでは。
この記事では、デニムサイズの正確な測り方とともに、普段着に合わせる場合の注意点もご紹介します。

 

denim_2

 

●ウエスト

ウエスト幅×2。
パンツのボタンもしくはファスナーを閉じ、パンツの前中心と後ろ中心を合わせた状態で測ります。採寸した数字を2倍にしたものが、ウエストサイズです。

 

●ヒップ

ウエストから約18㎝下の幅×2。
パンツのボタンもしくはファスナーを閉じ、パンツの前中心と後ろ中心を合わせた状態で測ります。採寸した数字を2倍にしたものが、ヒップサイズです。

 

●わたり幅

太もも付け根部分の幅。
内股の縫い合わせ部分から、地の目に直角になるようにして脇まで直線に測ります。

 

●股上

内股の縫い合わせ部分から、前ぐり(パンツのボタンもしくはファスナーがある部分)に沿ってベルト上端まで測ります。

 

●股下

内股の縫い合わせ部分から裾までを、内股の縫い目に沿って測ります。

 

 

●体型についての注意点

正確にデニムサイズを測ったうえで、普段着に合わせようとするとき、さらに注意しなければならないことがあります。そのひとつは、ご自身の体型。体型は人それぞれ異なるものですし、数字の上でぴったりのパンツを穿いても、シルエットなどがいまいち小慣れていない印象になってしまうことも。

たとえば、ランニングやサイクリングといったスポーツを活発にされている方の場合、太ももの筋肉が発達しています。この場合は、サイズの数字に対してゆったりめのデニムを選んだり、ストレッチ素材のものを選ぶことで、普段着に合わせやすくなります。

 

●デニムの素材についての注意点

体型のほかにも気をつけたいのは、デニムの素材です。特にやわらかいデニムの場合は、穿いていくうちに伸びるということを計算に入れ、ご自身のサイズの数字に対してややきつめのものを選んで購入するのが良いでしょう。
ご自身のサイズ、体型の特徴、そしてデニムの素材についてもしっかりした知識をつけて、よりいっそう素敵な着こなしを楽しんでくださいね。

 

追記修正:2019年8月5日

 

公式オンラインショップはこちら