実はトレンド最前線!リーバイス名作デニムの最新シルエットから目が離せない

リーバイスと聞くと、ヴィンテージデニムのクラシカルな印象をお持ちの方もいるはず。
しかし、実はあの有名な501をはじめとする定番と呼ばれるモデルも、近年のトレンドに合わせてシルエットが進化・改良され続けているのは知っていました?
今回は現行のリーバイス名作モデルの、シルエットの進化ポイントをご紹介します。

 

【 501レギュラーストレート 】

501レギュラーストレート

デニムの歴史を牽引してきたリーバイス501も、2013年に大きなシルエットの進化を遂げ、“モダンストレート”とも呼ばれる新しいシルエットは、ウエストが1/2インチ大きく、ヒップにかけて直線的な形となっています。以前は、腰からヒップにかけてやや膨らむ形であったため、履き込んでいくとますます腰回りがダボついてくることもありましたが、新しいシルエットではシャープに保ちやすくなりました。
また、裾幅も1インチは細くなっており、股下も若干スリムな印象に。より“すっきり見えるけれど履きやすい”方向へと進化しています。

 

【 501CT 】

501CT

“CT”は”カスタムテーパード”の略。2015年に、より斬新にトレンドを取り入れ発売された話題作です。
ウエストを現行の501モデルより1インチ大きく取り、一方で膝から下にかけてテーパード(細くなっていく)を強めにかけることで、やや細身で逆三角形の綺麗なシルエットとなっています。
テーパードモデルはぜひロールアップを。ロールアップすることで、スニーカーやパンプスなど足元が引き立ち、ますます今風でラフなシルエットが完成します。オーバーサイズを選ベば、ジョッパーズ風や、ボーイフレンドデニム風の着こなしができ、ダウンサイズを選べばキレイめな表情も演出できる、男女問わずコーディネートの主役になる1本です。

 

【 505 CLASSIC UPGRADE 】

505 CLASSIC UPGRADE

501をルーツに持ちながら、より細身に進化した正統派ストレートモデルが505です。
この505の中でも505CLASSIC UPGRADEという更なる進化モデルがダントツの人気。
「505CLASSIC UPGRADE」にもある”アップグレード”はというと、ウエストから裾にかけてよりゆったりとしたシルエットで、力強い印象を与えるようなデザインになったことがポイント。
ゆったりとしたシルエットだと野暮ったい印象になるのでは?という心配はご無用。ゆったりとさせる一方で、腰回りはすっきり見せるためにベルトループが細めに変更されているため、野暮ったい印象にはなりません。

 

正統派ブランドの名作は、流行に左右されず、長年にわたってエイジングも楽しめる一生モノのクオリティが特長です。
既にこれまでの501、505を愛用されている方も、最新シルエットへと進化した名作をお気に入りの1本に加えてみてはいかがでしょうか。

 

リーバイスの商品一覧はこちら