カウボーイに親しまれたデニム、リーバイス「517」

大人気のデニムブランド・リーバイス。そんなリーバイスからも、ブーツカットデザインが販売されています。それがLEVI’S 517。ブーツカットと聞くと、現代では70年代を彷彿させるなどレトロなイメージが先行しそうですが、ブーツカットの流行には波があるものの、517の背景を辿れば「カウボーイ向けのジーンズ」という、「レトロ」や「流行」というイメージとは異なるキーワードがあらわれます。
今回はLEVI’S 517の魅力とその背景に迫ってみましょう。

 

カウボーイが履くブーツを計算して作られた「517」

LEVI’S 517は、膝のあたりが細く、膝下にかけて裾が広がっていくシルエットの、いわゆるブーツカットジーンズ。1971年にデビューした517は「カウボーイたちのためのデニム」(別名:サドルマン)ともいわれており、日常的にブーツを愛用するカウボーイ向けに裾が広いデザインとなりました。


ブーツカットシルエットには流行の波があるものの、男女ともに支持者が多いのが特徴。時折男性がブーツカットを穿くことに抵抗を感じる人もいるようですが、517のバックグラウンドで「カウボーイたちのためのデニム」だということを考えれば、男性もかっこよく穿きこなせるはず。もちろんブーツ以外の靴との相性も良く、スニーカーと合わせておしゃれを楽しむこともできますよ。

517のバリエーションは国や年代でさまざま!

日本で販売されている517は一時期相当数の種類があったものの、現在では数が少なくなってきています。
まずは「米国ライン517」。アメリカで流通しているラインで、原産国はおもにメキシコ。ウエストのサイズだけでなく、レングスも選べるので自分にぴったりの1本を見つけやすいでしょう。
次に「US517」。こちらは日本企画。ただしアメリカで生産されています。内側の洗濯タグは日本語で表記されており、シルエットも日本人の体型に合わせてやや細身。股上が深いのがポイントで、こちらは1970年代の517を意識して作られているといいます。
「00517」は世界統一デザインの517。股上は深めで、過去に日本で販売されていた517よりもゆったりと穿くことができます。
「09517」は、2009年発売モデルの517。股上はやや浅く、ストレッチデニムを使用したものも売られていました。

過去には、デニム生地以外で作られた517もあり、コーデュロイ、チノ、ツイル素材などがあったようです。ただしそのほとんどが廃盤になっているのが現状です。