大人気!リーバイス505はどんなジーンズ?

いまもファッション誌でもよく取り上げられている、国内外で根強い人気を誇るリーバイス「505」は、501と並ぶリーバイスの定番モデルのひとつ。しかし、505が現在の形に落ち着くまではさまざまな仕様改良があったことをご存知でしょうか?
今回は505の魅力とともに、知られざる歴史やアメリカ版、日本版の違いをクローズアップしてみます。

 

王道ジーンズといえばLEVI’S「505」!

LEVI’S 505の最大の特徴は、やや細め~標準的なストレートといったシルエット。また股上が深く穿きやすいので、どんな人でもスタイルをよく見せてくれるジーンズといえます。
LEVI’S 505の前身は、501ZXX。1954年に発売され、501のフロント部分がジッパーになったものでした。しかし501ZXXは、洗うと縮みやすい性質を持っており、洗濯で縮んでしまうと、次第にジッパーの開閉がしづらくなるのが難点。その難点を改善するため生地を改良し、洗っても縮みにくい551ZXXが発表されました。1967年には551ZXXの品番が変更となり、505-0217になります。505-0217の「505」はシルエット「02」はプリ・シュランク・デニム(防縮加工デニム)という素材番号、「17」は色番号という意味があり、やがて現在のように505と呼ばれるようになりました。

 

日本版505とアメリカ版505には違いがある

505は日本や本国アメリカでも大変人気ですが、両者には仕様に違いがあります。
まずアメリカで流通しているメキシコ産の505は、日本ラインの505に比べると股上が深くシルエットも太め。またUS505と呼ばれる米国製の505が存在しますが、こちらは日本企画の商品であくまでも原産地がアメリカ。メキシコ原産のアメリカ版505よりも細めのシルエットになっています。
日本企画の505にはほかにも種類があります。「09505」は別名2009年モデルとも呼ばれ、ストレッチデニムや、コーンミルズ社のデニム生地などを使ったやや細めのシルエットが特徴的です。また、「59505」は1950年代のリーバイスを意識して作っているライン。シルエットはやや細めで生地に色落ち防止の加工を施したものもなります。

一口に505、といっても企画をする国や年代によってシルエットはさまざま。お気に入りの505を見つけて、一生の定番アイテムとして愛用してみてはいかがでしょうか。