破れたくらい捨てるのはモッタイナイ!「ジーンズのお直し」活用

大切にしていたお気に入りのジーンズが、破れてしまったり、汚れてしまったりなどして残念な思いをすることがありますよね。
「もうどうしようもない…」と諦める前に、修理やクリーニングなど、専門業者に頼ってみてはいかがでしょうか。
今回は、大切なジーンズを長く愛用するためのジーンズのお直しのあれこれをご紹介。

 

全国各地にあるジーンズリペアショップを活用しよう

気に入って買ったジーンズを長く愛用したいのは、多くの人に共通するところですが、裂けたり破けたりしたとき、修理業者に頼めばプロの技で修復が可能な場合も多いことは意外にも知られていません。

ジーンズのお直し専門業者は全国各地にあります。
たとえば、太もも部分にクラッシュが入ったジーンズはトレンドでもありますが、穴があまりにも広がってしまうと風通しが良いだけでみっともなく見えてしまいます。そんな穴あき箇所も、おおむね目立たずに修復することができるのです。縦糸、横糸がなくなってしまっていても、裏に当て布をしながら丁寧にひと目、ひと目を縫うことで、自然にお直しができるのです。相当な至近距離で見ない限りは、どこを直したか分からないほど、ほぼ完璧に直せる場合もありますよ。

 

破れを活かした修理でジーンズが生まれ変わる

ジーンズの修復に関して、リペア方法はさまざまです。パッと見には分からないように修復する場合もあれば、破れた箇所を活かして新しいデザインに仕上げることもできます。

クラッシュジーンズなら穴の空いている箇所に横糸を足し、スレ加工のように見せるといったテクニックもそのひとつ。つまり、店頭で新品のジーンズを買ってきても、クラッシュ具合が気に入らないといった場合、リペアショップに持っていけばデザインを微調整することもできるということ。破れのデザインを活かしながら、お気に入りのジーンズの魅力がアップできるならぜひとも利用したいですね。

またシミなどに関してもジーンズ専門業者だからこそできるノウハウを活かし、対応している店舗もあるようです。修理費用は程度にもよりますが、2,000円前後〜。ある程度の破れなら直してもらえることを知っておけば、古いジーンズもすぐ捨てたりせずにすみそうです。リペアショップを活用して、デニムの着こなしの可能性をぐっと広げてみませんか。