人に話したくなる日本のジーンズブランド名の由来

アメリカのジーンズブランド「リーバイス。リーバイス社の名前の由来は、創業者であるリーバイ・ストラウスの名前であるというのは有名な話。社名やブランド名にはそれぞれ由来があるものですよね。
今回は、国産ジーンズブランドを代表する、「BIG JOHN」「EDWIN」「Bobson」の由来の一説を、その歴史とともにご紹介。

 

BIG JOHN

ビッグジョン社の本社は、岡山県倉敷市児島にあります。児島といえば、当時作業服や学生服の大量生産をおこなっていた場所。1940年に「マルオ被服」として操業し、1958年にジーンズの輸入や受注生産をスタート。その後、自社でデニムを開発し、国産ジーンズブームの先駆け的存在となりました。

社名であるビッグジョンは、創始者である尾崎小太郎氏の名前に由来しているとされています。
小太郎氏の「太郎」が日本では一般的な名前であったことから、英語名の「ジョン」に相当するだろうと考え、小=リトル 太郎=ジョンで「リトルジョン」というブランド名を思いつきます。しかし、リトルでは大きな商売ができないのでは…となり、「リトル」の対極である「ビッグ」を採用し「ビッグジョン」を名づけました。

ビッグジョン社は、Wranglerなど海外のジーンズブランドからも日本代理店としてのオファーを受けましたが、自社のブランディングやものづくりに対するこだわりから、断固拒否し続けています。ほかにも国産ジーンズメーカーはありますが、それらとは一線を画する自社製品への自信があるのですね。

 

EDWIN

エドウィン社の前身は、アメリカから中古ジーンズを輸入し販売していた株式会社TUNEMI。1961年には日本で初めてデニム生地を輸入、国産では初のブルージーンズ販売に至ります。
エドウィンのジーンズはペーパーブラシを使ってジーンズにヒゲを施したり、シェービングをして全体的に色落ちをさせたり、ダメージ加工でほつれを生み出したりなどの特徴があり、1960年代のモデルからWのステッチ付きポケットや、大きなEDWINのロゴが目立つ皮ラベルなどが引き継がれています。

「EDWIN」はデニム(DENIM)の「D」と「E」を並び替え、「NIM」を反転させ「WIN」とさせたことが由来であるという話もありますが、定かなところは不明です。

 

Bobson

Bobsonブランドがスタートしたのは1971年。岡山市にある山尾被服工業がブランドを創設しました。
「親しみやすい存在になるように」との願いを込めて、アメリカでポピュラーな名前であった「BOB」と、息子を意味する「SON」をつなげたものがブランド名の由来です。

ボブソンはブランドスタートからオーナーが3代変わっており、時代の移り変わりへの対応が見られます。1970年代のジーンズの製造販売から、ファストファッションの波に襲われジーンズの売り上げが低迷し、2012年6月には破産することになりました。しかし、11月に子会社にて再度ジーンズの販売を開始し、現在も自社ジーンズの展開を進めています。

 

よく耳にする国産ブランドの由来や歴史を知ると、ジーンズの魅力をより感じられますね。国産ブランドは日本人の体型に合った商品を多く販売してもいるので、ぜひお気に入りの一本を見つけてくださいね。