難しいシワ取りも大丈夫!ジーンズのアイロンがけテクニック

ジーンズを洗濯した後、そのまま何気なく穿いたり、適当に畳んでまた着用したりしていませんか?
デニム生地は丈夫なため、多少雑に扱っても生地が痛むなどの心配はありません。しかし一方で縮んだり、シワになったりしやすい生地の性質があるのも確か。ときどきはアイロンをかけてハリのある状態に戻してあげることも大切です。
今回はジーンズのアイロンがけのコツをご紹介。定期的に適切なケアをして、お気に入りの一本を長く愛用しましょう。

シワが寄ったジーンズはスチームアイロンで復活

シワになってしまったジーンズは、スラックス掛け(ズボン用ハンガー)を使ってアイロンがけをしましょう。ジーンズを正面から見て単に半分に折るのではなく、背中とフロントの部分をつまみ、ハンガーに対してジーンズのサイド部分が平行になるように掛けるのがポイント。

ジーンズは片足ずつアイロンがけをしていきます。アイロンをかけない方の片足は、ハンガーに掛けておきましょう。
スチームアイロンで、まずは内股のしわを伸ばします。パンツの裾を手でつまみながら優しくアイロンをかけると、しわが伸びやすいです。次にパンツの外股にアイロンを当てましょう。ジーンズはカジュアルな風合いが魅力なので、アイロンプレスをするよりもスチームを当てるくらいの方が素材を痛めることがありません。デニム生地はしっかりしているので、裾をピンと張らせて素早くアイロンを動かすと上手にかかります。

ここまでできたら、ハンガーにジーンズを正面掛けしましょう。折りたたまずにアイロンをかけます。ポケットなどがある場合は洗濯で縮んだり、しわになってしまったりしていることもあるので、手で伸ばしながらアイロンをかけるのがベストです。
お尻の面にアイロンをかけるときは、股の部分をつまんで持ち上げ、スチームを当てていきましょう。

アイロンは下から上にかけることを意識して、ジーンズの前面も裾をつまみながらかけます。デニム生地は洗濯を繰り返すと縮んだり、しわになったりしやすい性質を持っているため、定期的にアイロンがけをしましょう。スチームアイロンを使えば、生地の風合いが活きた仕上がりになるはずです。

これまでジーンズにアイロンをかけたことがなかった人も、ご家庭にスチームアイロンがあるならぜひ試してみてくださいね。初心者でも簡単&上手にしわが伸ばせます。