デニムを乾燥機で乾かすときの注意点とは?

天候やシーンを問わずファッションに気軽に取り入れやすいデニムは、そのぶん汚れる機会も増え、洗濯・乾燥を行わなければならないことも多くなります。ここで気になるのは、乾燥機の使用について。「デニムは色落ちするもの」「デニムは縮むもの」というざっくりとした知識は多くの方がお持ちのことでしょう。今回の記事では、デニムを乾燥機にかけるときの基礎知識と、具体的に気をつけるべきことについてまとめました。

 

そもそも、デニムを乾燥機にかけることはOKなの?

デニムは乾燥機にかけない方がよい、自然乾燥にするべきと考えている方もいるかもしれません。でも基本的に、デニムは乾燥機にかけることができます。もともと作業着として使われていたデニム生地ですから、その丈夫さは折り紙つき。以下に述べていくような注意点に気を配れば、乾燥機を活用することができます。

 

デニムを乾燥機にかけるときに注意するのはどんな場合?

まず意識しておくべきなのは、「洗濯・乾燥をすればデニムは縮むもの」という原則です。それ自体が悪いことではありませんが、しっかりと計算に入れておく必要があります。一般的に多い綿100%のデニムの場合、「乾燥機にかけることで一度あたり最大2cmほど縮む可能性がある」と覚えておきましょう。

また、デニムの特性にも注意が必要です。もともとぴったりとしたシルエットのスキニーパンツなどの場合、縮んでしまった結果履けなくなってしまうこともあります。また、綿100%ではなく他の素材が混じっている場合、縮み方が綿のみの場合と異なるため、注意が必要なこともあります。購入の際に店員さんなどに確認しておくのが安心ですね。

 

初めての洗濯では要注意!

購入してから初めてデニムを洗濯する場合、縮むこと以上に注意すべきなのは色落ちです。どのように洗濯・乾燥を行っても基本的に色落ちは発生するものですが、このときに自然な風合いで色落ちするように気をつけることが、そのデニムのその後のおしゃれさを左右します。

乾燥機を使った場合、色落ちについてムラが発生してしまう可能性が高くなります。ですから、初めての洗濯のときにはできる限り乾燥機を避けるのがよいでしょう。

どうしても縮ませたくない、でも乾燥機を使いたい!

時間がない、雨の日が続くなどの理由で乾燥機を使いたい。でも縮むことはできるだけ避けたいということもあるでしょう。縮みを完全に防ぐことは難しいですが、乾燥時間を短くすることで縮み幅を少なめにすることができます。半乾きの状態でデニムを取り出し、できるだけ風通しの良い場所に干しておけば、乾燥時間を大幅に節約しながら縮み幅を抑えることができます。

 

乾燥機にかけることのメリットって?

デニムを乾燥機にかけることのメリットとして思い浮かぶのは、速く乾燥させられる・雨の日にも乾かすことができる、といったことです。そのほかにも、長年着用したことでのびてしまった生地をあえて縮ませ、ヒップラインなどをよりフィットさせカッコいいシルエットにする、といった使い方もあります。

また、目に見えないデニムの天敵は、生地にダメージを与えてしまう雑菌です。しっかり洗って乾燥機で乾かすことは、デニムを衛生的に保ち長持ちさせることにもつながります。

 

乾燥機もうまく活用して、デニムをしっかりメンテナンスしてみてください!