デニムとジーンズとジーパンって何が違うの?名前の由来はここにある!

ファッション誌に目を通すと、「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」とデニム生地のパンツを指す言葉に多くのバリエーションがあることが分かります。また同じものを指すにしても、言葉が違うだけでオシャレに感じたり、少々ダサく感じたりするのが不思議なもの。とはいえ、なぜこのようにさまざまな呼び方があるのか、その由来はどこにあるのか、知らない人も多いはず。
今回はそれらの違いをくわしく解説。正しい知識を身につけて、上手に使い分けましょう!

 

デニムとは生地の総称

日本ではジーンズの略称として「デニム」という言葉を使いますが、本来は生地の総称。フランスの南にあるニーム地方で織られていた生地のことで、「ニームの」を意味する「ドゥ ニーム」というフランス語が、デニムの語源となりました。また「ジーンズ」の由来は、イタリアのジェノバを指すフランス語の「Gene(ジーン)」にあります。
デニムメーカーとして有名なリーバイスジーンズの創業者である、リーバイ・ストラウスはジェノバで生産されていたキャンバス生地に注目をし、アメリカのゴールドラッシュではたらく炭鉱労働者向けにズボンを作りました。それが、いまのジーンズの原型といわれています。また、リーバイ・ストラウスがジーンズを生産する以前から、ジェノバにはジーンズの原型となるものが存在し、それを穿いてサッカーをしている様子が確認されています。そのサッカーチームは、現在のセリエAのサッカーチーム(ジェノア)の前身です。

 

ジーパンの由来を知ろう

デニム生地のパンツを指す言葉として、「ジーパン」がありますが、それにはふたつの由来があります。
まずひとつは、戦後に日本に駐屯していたアメリカ陸軍(GI)の軍人が履いていたデニムパンツを、Gパンと呼ぶようになった説。もうひとつは、戦後にジーンズを販売しようとした商店がJEANSの頭文字からJパンと名付け、それがやがてGパンと呼ばれるようになった説です。
ファッション業界では、デニム、ジーパン、ジーンズとさまざまな呼び方が流通していますが、世代によってそれぞれの言葉の印象は違うようで、若者の間では「デニム」という呼び方がもっともかっこいいとされています。ちなみに海外で「ジーパン」という言葉を使っても通じません。「ジーンズ」と呼べば、ほぼ間違いなく伝わるはずです。