インディゴ染料の色移り防止と色移りしてしまったときの対処方法

デニム生地のアイテムは、洗濯や他の衣類との摩擦などで色移りしてしまいますよね。特に、買ったばかりの生デニムや色の濃いデニム生地は、「手でこするだけで手が真っ青」なんてことも……。

でも、新しいデニムスタイルを楽しみたいのに、重ね着する衣類への色移りが気になって踏み出せないのはモッタイナイ!
今回は、色移りを防ぐ方法と、もし色移りしてしまった時に自分でできる対処方法をご紹介します。

pixta_26731952_s

 

色移り防止編

洗い方
色の濃いデニム生地を、他の洋服(特に白いコットン生地など)と一緒に洗った場合、ほぼ間違いなく色移りするので絶対に×。デニムの洗濯をする日を決めて、その日にまとめてデニム生地のアイテムを選択するようにしましょう。このときも、色がかなり薄めのデニム生地には、色移りが発生する可能性が高いので、気になる場合は濃いデニムと薄いデニムで分けて洗濯するほうがベターです。
また、洗うときにはデニムを裏返しておくこと、お湯を使って洗濯しないことも大切です。この点に気をつけると、色移りはかなり抑えることができます。

着用の前に
防水スプレーの使用がオススメ。
というのも、汗や雨などでデニム生地が水に濡れてしまうと、かなり色移りしやすい状態になってしまうからです。もちろん、デニム生地をそもそも湿らないようにするも有効な方法のひとつです。雨の日には着用を避けるなど、天気に気を配ってみてください。

 

色抜き編

ブーツなどの皮製品に色移りした場合
ジーンズの裾から、ハイカットのブーツやスニーカーへの色移りは、最も多くみられるケースのひとつ。革製品への色移りは、まず、革用の固形クリーナーでこすり染料を浮かせた後、汚れ落とし剤を塗付した布で、色が移ってしまった部分を拭き取ります。

シャツやバッグなどの布製品に色移りした場合
Gジャンの下に着た白いTシャツや、ジーンズのトップスに合わせた白いシャツ・白いトートバッグなどは、特に色が移りやすくなります。
日々のケアとして比較的楽チンにできるのは、泡が出てくるタイプの汚れ落とし剤です。泡をつけて、布地で優しくこするだけ。

それでも落ちない汚れの場合は、洗濯機の力を借りましょう。このときのポイントは、50℃〜60℃ほどのお湯を使うことです。また、おしゃれ着用の中性洗剤ではなく、弱アルカリ性の洗剤を使用したほうが効果が高くなります。ただし、洗濯機には耐熱温度が設定されていますので、確認の上でお湯を使うようにしましょう。

上記の方法でも落ちない場合、特に色移りした製品が白いケースでは、漂白剤を使用するのも有効です。色を落とす場合には、色落ちを防ぐ場合の逆で、お湯を使用します。ぬるま湯に粉末の漂白剤を溶かして、一晩つけてみましょう。その後再び洗濯を行うことで、移った色を大幅に落とすことができます。
ここで大事なのは、色が濃く移る前の段階で落としておくこと。生地の奥まで濃くデニム染料が移ってしまうと、クリーナーで取り除ける割合も少なくなってしまします。

 

自宅でできる方法をご紹介してきましたが、もしこれでも取れない場合はクリーニング店へお願いすれば、ほとんどの場合キレイに色抜きをしてもらえますので、大きく色移りしてしまった場合は迷わず専門店へ相談しましょう。

 

追記修正:2019年7月19日