お悩み別デニムアイテムの選び方講座|脚&腰まわり(女性)編 vol.1

体のラインが出てしまいがちなジーンズを代表とするデニムアイテム。でも、選ぶものによっては、気になる部分(シルエット)をカバーできるという万能アイテムなんです。それは、デニムアイテムが幅広いファッションジャンルをカバーしていたり、素材感・色落ちの濃淡にバリエーションが豊富だから。
今回は、脚と腰回りのお悩みを中心に、気になる部分をカバーしやすいデニムアイテム着こなし方法をご紹介。

woman-1146832_1280

 

腰回りの太さが気になる

タック入りジーンズがオススメ。
タックが入った分だけ腰回りにゆとりを持たせられ、自由度が増える分、着心地が良くなります。それ以外なら、ストレートタイプやワイドシルエットのジーンズも◎。腰から下にストンとシルエットが落ちるので、テーパードタイプよりも腰回りのボリュームをカバーしやすくなります。
トップスには、裾にもゆとりを持たせたふんわりシルエットのアイテムを。さらに腰回りのラインを隠すことができますよ。

 

脚の短さが気になる

ウエストオーバーサイズのワイドパンツがオススメ。太ももの太さが気になる人には特にオススメです。
でも、ワイドパンツで脚全体の太さをカバーしても、ウエストがパツンパツンでは、そのカバー効果は半減。ウエストにも余裕を持たせたオーバーサイズ気味(もしくはタック入りパンツ)をチョイスすれば、ふんわり・ゆったりみせることができますよ。
カラーは淡色だと視線が脚に集まってしまうので、ぜひ濃いめのものを。
トップスは着丈が長いものは×。胴長に見えてしまいます。

 

脚と腰回りのライン全体が気になる

デニムスカーチョがオススメです。
昨今大流行したガウチョパンツとスカートが一緒になった「スカーチョ」。まるで見た目はスカートのように見えるのに、実はパンツになっているのでとっても楽チン。ガウチョの広がりをもった、近年のトレンドシルエットはおさえつつ、脚のライン全体をカバーしてくれます。
デニム生地なら、幅広いコーディネートに対応できて、オールシーズン大活躍してくれるので、体型をケアしたコーディネートのお悩みに大助かりです。

 

自分の体にフィットしたアイテムを着用したオシャレもいいけれど、自信がなくカバーしたい部分もありますよね。そんなときのアイテム選びの参考にしてみてくださいね。