体型&トップス別!デニムの選び方

ジーンズは、太さ、色の濃さ、ストレッチ素材などなど、様々なシルエットや履き心地が楽しめるので、体型のお悩みを解決するのには最適なアイテムのひとつです。今回は、体型とトップス別に、オススメのジーンズスタイルの一例をご提案。

 

洋梨体型さん

女性に多めと言われているのが、上半身はすっきりしているのに腰回りから太ももにかけて少し太めな洋梨体型さん。

でも大丈夫。この体型は流行のシルエットにもバッチリフィットするんです。

腰回りから膝にかけてピタピタなスキニーデニムやスリムフィットのジーンズは、腰回り・お尻周りにむっちり感が出てしまうので、腰回り・お尻周りがゆったりとしたワイドシルエットがオススメ。近年大人気のテーパードジーンズも、強めにテーパードがかかっているものほど腰回り・お尻周りにゆとりがあるものが多いですので◎。そしてロールアップして細めの足首を覗かせることで、体の線の細さを演出することも効果的。

また、トップスのインナーは体のラインが出ない程度にフィットしていても、今年流行りのオーバーサイズ気味でもOK。

秋冬はロングコートがさらに相性良し。ややオーバーサイズ気味なストレートラインのコートや、裾に向かって広がっていくAラインのコートを選びましょう。

 

リンゴ体型さん

男性に多めと言われているのが、お腹周りがポッコリでているリンゴ体型さん。ベルトを締めすぎると、座った時にベルトの上にお肉が乗ったりしてしまいます。

そんな方にオススメなデニムはストレートシルエットのワイドデニム。裾は長めにロールアップして、ストンとした太めのラインの中にもメリハリをつけるのがオススメ。強めのテーパードデニムを選んでしまうと、裾からお腹にかけての広がりが強調されやすくなってしまい、スリムデニムはますますお腹が目立ってしまいます。

その上に着るトップスは、ゆったり目のサイズ感のニットやスウェット・パーカーがオススメ。シャツはオーバーサイズで着たとしてもお腹がポッコリでやすいですし、パンツにタックインしてベルトを締めた場合はなおさらです。ただ、シャツを着ていても、その上にスウェットやざっくりしたセーターを着ればOK。ゆるりとしたテイストを楽しむことができます。

テーラードジャケットを着る場合は、できるだけ前のボタンはしめましょう。ボタンをしめることで腰回りにくぼみがあるシルエットが強調され、ポッコリお腹が断然目立ちにくくなりますよ。