デニムに遊び心を!ブリーチデニムを自分で作ってみよう!

春夏は毎年デニムがトレンドアイテムとしてピックアップされますが、2017年に注目すべきは「ブリーチデニム」。ハイブランドのランウェイでもブリーチデニムを取り入れた個性的なルックが多数発表され、レギュラーデニムを使ったコーディネートにマンネリを感じていた人はいまこそトライしたいところ。
しかし新たにブリーチデニムを手に入れるとなると、自分の好みに合ったデザインやシルエットに納得がいくものが見つからないこともありますよね。
そこでおすすめしたいのが、オリジナルのブリーチデニムです。お手持ちのデニムを使って、世界に一枚だけのブリーチデニムを作ってみましょう!

 

ハーフブリーチデニムでトレンド最前線の着こなしを

ハーフブリーチデニムとは、股下やひざ下あたりからハードにブリーチされたデニムのこと。デニムの上下でコントラストを楽しめるデザインです。ロング丈はもちろん、暑くなるこれからの季節にはショートパンツをハーフブリーチしても活躍するはず。
ハーフブリーチデニム作りに必要なアイテムは、デニム用脱色剤、スプレーボトル、ゴム手袋、マスク、マスキングテープなど。市販の塩素系漂白剤などでもデニムのブリーチはできますが、デニム用を選ぶのが望ましいです。

必要なアイテムが揃ったらまずは準備を。とても大切なので必ず実施してくださいね。

  • ブリーチ剤は強力なので、漂白したくない部分はあらかじめマスキングテープなどで保護しておきましょう。
  • ブリーチ時は必ず換気をして、ゴム手袋やマスクでブリーチ剤を吸い込まないようにしましょう。
  • ブリーチ剤に直接手で触れるのもNG。必ずゴム手袋などを装着しましょう。

準備ができたら、まずはスプレーボトルに入れたブリーチ剤をデニムの漂白したい部分の表裏両面に塗布。塗ってから徐々に生地の色が変化してくるので、好みの色合いになったところでブリーチ剤を水で洗い流しましょう。たったこれだけでブリーチデニムの完成です。この方法を応用して、デニムパンツだけでなくデニムシャツの漂白も可能です。市販品に一手間加えるだけで、より一層愛着が湧きそうですね。
※ブリーチ剤を水で洗い流さないまま洗濯機に入れてしまうと、漂白したくない部分まで漂白されてしまうので要注意!またこの段階ではほかのものと一緒に洗うのも×。

 

ブリーチの仕方をアレンジすればバリエーションが広がる

まだら模様にブリーチをしたいときは、お風呂場などでデニムにラフにブリーチ剤をかけましょう。ためらわず、豪快にブリーチ剤をかけた方がおしゃれなデザインに仕上がります。こだわりたいところは、要らない歯ブラシなどでブリーチ剤を伸ばすなど微調整を。またデニムを紐などでラフに縛って、ぐるぐると巻いたものにブリーチ剤をかけて漂白するというテクニックもあります。縛り方次第ではデニムに丸模様をデザインすることもできます。十分に漂白されない場合は、ブリーチ剤をすぐに洗い流さず長めに置いてみる、何回か漂白と洗濯を繰り返すなど調整してみてくださいね。