ジーンズの「バックヨーク」とは?その役割の秘密

多くのジーンズに施されている、バックヨーク。あまり聞きなれない言葉ですよね。どの部分かというと、ジーンズを後ろから見たとき、ウエストバンドの下部に設けられる布地の切り替え部分。簡単に言うと、ウエスト部分とバックポケットの間にある三角の部分です。

では、ジーンズにはなぜバックヨークが設けられるようになったのでか。今回は、デザイン面だけでなく、機能面からもバックヨークが必要になった経緯をご紹介。

 

ジーンズの機能性をアップさせる「バックヨーク」

バックヨークが、ジーンズのウエストバンドの下部にある三角の切り替え部分のことというのは、先に説明したとおり。
では、このバックヨークはなんのためのものかというと、これがあることでジーンズのフィット性が高まって穿き心地がよくなり、立ったり、座ったりするときの負担が軽減されるという役割があるんです。運動量が多い腰の後ろで布を切り替えることが機能性を高めているポイントのようですね。

本来、ジーンズは平面的な裁断や縫製で作られます。ジーンズ誕生当時のワークウェアは全般的に生地が分厚く、パンツにいたっては股上が深いものがほとんど。これでは穿き心地も悪く、動きも制限されてしまいます。機能性、穿き心地の向上には、お尻の立体感に合わせたバックヨークは必要不可欠でした。一見、バックヨークはファッション面からあしらいのひとつのようにも思われがちですが、きちんとした理由があってデザインされているんですよ。

現在のバックヨークの縫い方は巻き縫い(チェーンステッチ)が一般的ですが、ヴィンテージジーンズでは折伏せ縫いという縫い方がスタンダード。生地を裏返して見ると、どの年代に作られたジーンズなのかがわかるので、ヴィンテージジーンズをお持ちの方はチェックしてみるものオススメです。

 

フィット感と小尻メイク効果を得られる「バックヨーク」の魅力

バックヨークは機能性と穿き心地向上のために生み出されたものですが、その一方で別の効果も期待ができます。
それは「小尻効果」。

バックヨークがあることで目線がそこに集中するため実際の大きさよりも、お尻が小さく見えるといった効果が期待できるんです。バックヨークの切り替えが、お尻のボリューム感が気になる部分に近ければ近いほど、目の錯覚での小尻効果大。
ジーンズのなかにはバックヨークがないものもありますが、動きやすさやお尻のコンプレックスをカバーしたいという方は積極的にバックヨーク付きのジーンズを選んでみるのも◎

デザイン面ではなく、機能性の向上を目的として取り入れられたバックヨーク。自分の体型や、見せたい体型に合ったジーンズを選ぶ際には、バックヨークにも注目してみてくださいね。