ジーンズの選び方のコツは「後ろ姿」にあった!

ワードローブを見れば同じような形のジーンズばかり……という経験はありませんか?その原因は、自身のコンプレックスにあるかもしれません。
体型をカバーしようと同じようなジーンズを買ってしまうことはよくあること。しかし、体型をカバーするカギは意外にもジーンズを穿いたときの後ろ姿にもあるって知ってました?今回は「後ろ姿」の視点から、自分にとってベストなジーンズ選びのポイントをご紹介。

ジーンズを日常的に愛用している人の中には、スタイルをカバーするあまりにゆったりとしたシルエットを選びがちな人が多くいます。その一方で多くが理想とするのは、スタイルをカバーしながらも少しでも脚が長く見えること。もしジーンズを穿いたときに脚長に見せたいのであれば、断然、股上が深いジーンズを選んでみて。特にハイウエストタイプなら、ウエストのいちばん細い位置から脚が伸びているように見えるのでスタイルアップ効果が望めます。

またジーンズ選びで気をつけたいのが、バックポケットの位置。女性向けのジーンズのなかにはバックポケットがないデザインのものもありますが、スタイルに確固たる自信がある人以外はバックポケット付きを選ぶのが無難。なぜなら、バックポケットの位置が上部にあると、お尻の位置が高く見えるので後ろから見ても脚長効果があるからです。ジーンズのシルエットは、スキニータイプやストレートタイプのような細身のタイプなら、脚がよりほっそりと見えますよ。

 


太ももが張っている人は、膝下にかけてゆるやかに細くなっていくテーパードタイプのシルエットを選びましょう。太身のシルエットだと、お尻の位置が高く見えていたとしても、脚全体が太く見えてしまう可能性があります。ただし、お尻のサイズがかなり大きい人はポケットの位置が高いことで、お尻の大きさが強調されてしまうというデメリットも…。そんな人は、ジーンズの股上が浅いローライズタイプを選ぶのがベスト。ローライズタイプのデニムは一般的にお尻の面積を小さく見せてくれるといわれており、小尻に見える効果があるそう。大きなお尻にコンプレックスがある人は、積極的にローライズタイプのデニムを選ぶと後ろ姿も綺麗にキマりそうですね。

このようにデニムのシルエットやデザイン次第で、コンプレックスを上手にカバーしたり、実際のスタイルよりも綺麗に見せたりすることができるのです。つい、毎回同じようなデザインのジーンズを買ってしまう人こそ、自分の印象をつくるための大切な材料だと考えて選び方を見直してみませんか?