ジーンズの不朽の名作!ヴィンテージLevi’s501XXの歴史(vol.1)

言わずと知れた名作ジーンズ「リーバイス501XX」。
その誕生の背景は「デニムの発祥はアメリカじゃないって本当?実は知らないジーンズの歴史」でご紹介しましたが、発売から現在に至るまで、そのデザインや生地などのディティールは何度もリニューアルされ続けています。流行を取り入れた変更だけではなく、中には歴史的背景によって変更を余儀なくされたものも。
今回は、501XXの誕生モデルから、他社ジーンズブランドが参入してくる1930年代までの変遷についてご紹介。

 

501XXの原点、4ポケットパンツ
(1890年頃〜:1890年モデル)

「1890年モデル」などと呼ばれているリーバイスの4ポケットパンツが、501の原点と言われています。呼び名のとおり1890年代から1900年頃までに生産されていたもので、ヒップポケットが右に1つ、フロントポケット2つ、ウォッチポケットが1つあるモデルです。
4ポケットパンツはワークパンツであったことからシルエットは太めで動きやすく、サスペンダーをひっかけるためのサスペンダーボタンがバックに2つ取り付けられていて、シンチバック(ジーンズのフィット感を調節するために、ウエストバンドとヒップポケットの間付けられたベルト)やリベットが打ち込まれ、動きやすさと耐久性を重視した造りとなっていました。パッチも革製で、それ以前の布製ではないところにも、原点の片鱗がうかがえます。

 

現在のジーンズのベースとなる、5ポケットパンツへの進化
(1902年〜:1902年モデル、1922年モデル)

4ポケットパンツに左ヒップポケットが追加された5ポケットパンツへと進化したのは、リーバイス社の倉庫から見つかった1902年のカタログに載っていたのが最古であったことから、1902年と言われています。これまでのジーンズに求められるのは耐久性でしたが、この頃からは、機能性を盛り込んだ進化を遂げていきます。
まず、今ではおなじみのベルトループがつけられたのが1922年。愛好家の間では「1902年モデル」「1922年モデル」と呼ばれ、最初期の「耐久性」から「機能性」への大きな進化の過程を感じられるモデルとして語り継がれています。

 

他社の参入による501赤タブモデルへの進化
(1930年頃〜:赤タブモデル)

0000212000986_sub06_ll

1890年にリベットの特許期限が切れて以降、競合のジーンズブランドがリーバイス社のジーンズと似た、ブルーデニム、リベット、革パッチ、アーキュエットステッチといったジーンズを販売するようになりました。1930年代に入ってもその状況は変わらず、リーバイス社にとっては、悩みの種でもありました。
そんなときに誕生したのが「赤タブ」。いまではお馴染みのヒップポケットの左サイドに縫い付けられているあの「赤タブ」です。
競合ブランドのジーンズとひと目で区別してもらえるようにと付けられることになった「赤タブ」はブルーデニムのとバランスもよく、商標登録もされ、Levi’sジーンズの顔のひとつになりました。

 

0000111016380_sub04_ll

また、それまでジーンズはサスペンダーで吊るすのが一般的でしたが、ベルトループを搭載したモデルの普及により、ベルトにより固定するスタイルへと変遷していきます。そのためこの時期には501にはサスペンダーボタンとベルトループが両方ともついています。

 

リーバイス501XXの変遷を簡単にご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
次回は、これ以降、どのような変遷を辿ったかをご紹介します。